ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/06/13(月) 478 モミジ刈り
“紅葉狩り”ではありません。あくまでもモミジ刈りです。床屋さんが
バリカンで坊主頭にするように、電動チェンソーでモミジを丸裸? 
丸坊主? にしたのでした。

左上が昨日の12日午前9時16分。今日こそ何とかしよう…… と眺めているところ。書斎の窓が野放図に伸びた枝に塞がれています。何よりも芝生への日差しが遮られている。

作業開始は午後1時20分。右上が午後4時45分。空が広がり、伐採された枝が地面を覆っている。この処理が一苦労。太い幹は40センチぐらいに切りそろえ、一抱えの束にまとめた。それが左下です。

さて、苦労の甲斐あって、書斎の窓はこの通り。地べたも明るい。

作業中、隣りの畑のご夫婦が、「夕食前の、これが楽しみだ!! 」と、日に日に成長する作物の見回りに来た。

丸裸のモミジを見上げ「この木だば、すぐ枝が出てくる!! 」と旦那さん。よくぞやったという表情。奥さんは「死んでしまう!! 」と2者2様の反応でした。

私の腹積もりは、いずれしぶとく、枝葉が生い茂るだろう……
妻は「やることが極端だよ!! 」。去年の暮れには、うっそうとしたニッコウヒバを、マッチ棒のようにしたことが頭から離れないようです。

筋肉の凝りを湯船でほぐし、おいしいビールを飲みました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.