ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/08/08(月) 534 勝平得之の世界
竿燈の喧騒が去り、日常を取り戻しました。秋田市の夏といえば竿燈。竿燈が過ぎて、みんなの胸に浮かぶものは……

本来から言えば、竿燈は暑気払いや五穀豊穣、先祖供養など様々な思いを込めたもの。これからの残暑を乗り切るため、気合いを入れ直すのが本来の目的だろうが……

“竿燈ウイーク”が過ぎると「秋田の夏は終わり」との思いもよぎる。
祭の後の虚脱感も手伝ってか「もう冬が来るね」。つい無駄口も。

竿燈期間中にイベント会場で大にぎわいの広場からの眺めです。
このにぎわいもあってか、“みらいお休み処”は好評でした。

その中のお客さんの一人が、ニューシティビルが解体され、顕わになった「ここのたたずまいは“勝平得之”の世界だね」とおっしゃった。

ビルに隠れていた昭和の街並みが表舞台に。

ここの会社の建物はというと築100年以上の町家で、明治の風情もたっぷり醸し出している。皆の心に残る懐かしい光景ではないか。

「雪景色となれば、まさに“得之”の世界だ!! 」と彼。
「馬そりなどがあったりして…… 」 それは、タイムスリップし過ぎか。

しんしん降る雪だと趣もあるが、猛烈な地吹雪が発生したら……
これから残暑だというのに、絵にもならない下らない心配をしている。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.