ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/23 3654 春一番
2020/02/22 3653 伝票係
2020/02/21 3652 高望み
2020/02/20 3651 部屋着
2020/02/19 3650 相手先

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/09/12(月) 569 裂き織り
ほぼ1年ぶりで那須の“別荘”の女主人が秋田にやって来た。女房とは東京の大手広告代理店の同期入社でそれ以来の付き合い。

手土産は手作りの裂き織りのマフラー。何色かの毛糸の縦糸に、布なら何でもいいらしいが、裂いて横糸に織り込んでいく。

私のハンカチが横糸になっているのだそうだ。これは試し織りと言っていたが、ハンカチ部分であったり、縦糸と同じ糸を横糸に用いてみたりと、模様が不規則。思いつくまま大胆に…… それが彼女らしい。

正方形のハンカチはほどよいサイズで、切るにも楽なんだそうだ。この部分がハンカチと言われても、どんなハンカチだったかは思い出せない。

模様の出方が、ハンカチの縮図のように出てくれればいいのだが、それは望むべくもない。どんな模様になるのかは、縦糸との関係もあって仕上がってのお楽しみ。そこがまた楽しいらしい。

緑の裂き織りは昨年頂いたもの。今年は大きめに挑戦している。

大震災だったり、身内の不幸などで行き来がままにならないで、やっと旧交を温めていたのに、彼女の母親が体調を崩したという知らせ。
旅程を切り上げて慌ただしく帰っていった。

私たちの年になると、こんなことは日常茶飯事。
折り合いながら生きていくのだ。
その一本一本が縦糸だったり横糸だったり……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.