ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/12/11(火) 1025 1週間前(消えた花鉢)
12月3日9時4分。休み明けの晴れ渡った月曜の会社前の写真です。現在は、冬景色になっていますが、その時に書いた「ひとこと」の原稿とともにアップします。1週間の違いで鉛色の空…… だから雪国の人は太陽を渇望するのです。

『忽然と姿を消したわけではなく、「土日に回収するから」と、町内会長さんの事前連絡があったのですが……

花はなくとも、葉っぱが枯れて萎れていても、花鉢は花鉢。それなりに存在感が…… “枯れ木も山のにぎわい”ではないが、真夏には盛りを誇っていた花々や観葉植物が季節の移ろいと共に色彩を失っていくと、もののあわれを……

同じ枯れ色でもバラエティーに富んでいて、結構鑑賞に堪えていたような……

それでも、花鉢の落ち葉と、竿燈大通りの銀杏の枯れ葉が一緒くたになって、
ごっそり会社前にたまる頃には、容色の衰えも極まって、ミイラのように……

花々の青春から老いにいたるまでを、日々眺めていたことになります。
半年の間、本当に楽しませていただきました。感謝、感謝です。

快晴でした。この頃になると街路樹の銀杏の葉っぱも飛んでこなくなって……
花鉢が無くなって寂しい気もします。晴れていますが、無くなって知る冬到来。』


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.