ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2018/09/21 3134 採取者
2018/09/20 3133 有り物
2018/09/19 3132 更改期
2018/09/18 3131 陰干し
2018/09/17 3130 年相応

直接移動: 20189 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/03/31(土) 770 雨
8時55分。竿灯大通りの信号でストップです。
次の信号を左折で、すぐ会社。9時前には会社を開けられそうだ。

ワイパーが写真に入ることを嫌い、ワイパーはOFF。数秒後にはこの通り。フロントガラス一面に雨粒です。「濡れていこう」という春雨のレベルではない。結構マジ降り……

春を待ち焦がれるゴルファーの思いをくじく、恨めしい涙雨でしょうか。
明日、明後日の天気予報は雪だるま。落ち着きのない天気が続く。

不動産業を始めるにあたって読んだハウツー本には、「日に数本の電話があればいい方で、来店者だって来ない日も多い」とのくだりがあって、漠然と「そんなもんかぁ〜 」と。

ある意味、暇なのは当たり前、と、開き直りというか、動じないというか、少々の厚かましさでスタートしている。

大町という立地もあろうが、契約などがない限り、特に暇なのは水、土曜。煩わされることなくやり残しの本来業務に没頭するのもよし、本来業務でない読書に没頭するのもよし、の1日になるのだ。

会社でフィクションを読むことはない。1限目英語、2限目経済、3限目農業…… などと関連本を教科書に、コマ割りをして読んでいる。
なかなか暇つぶしには有効な読書法ではないかと自賛している。

ゴルフシーズン真っ盛りとなれば、“入院生活”もどうなることやら……

2012/03/30(金) 769 あぶれたぞ
アルコール抜きの“入院生活”を始めてほぼ2週間になる。

その間、少しは飲みたいという気が起こって飲酒したのが2回だけ。

その結果、“計るだけダイエット”の折れ線グラフは、ほぼ右肩下がり。

約1.6キロ減。目玉焼き24個分とスパム5缶分の薄切りスライスが体の表面からこそげ落ちたことになる……

副産物としては、飲み疲れて寝る…… という習慣が改まり、
読書でもしようか…… と。

読書家といわれるめちゃくちゃ忙しい経済人やらを尊敬していた。
年百冊を超える本を、どんなシチュエーションで読んでいるのか……

雑誌の受け売りだが、どうも、移動の間も貴重な読書時間であることを知って納得した。フライト時間で読み終える本を機内に持ち込み、読み上げては機内に置いていくのだそうだ。

購入した本を手放せない私としては、その潔さに感服。
読んで中味を頭にたたき込めば、本はもはや抜け殻なのか……

「HondaCB750FOUR」(ナナハン)の置き場は本棚の中段。
手前には押し出されて行き場のない本。“積ん読”だらけだ……

読んでもいないものを捨てられるか??? まずは読んでみよう。

2012/03/29(木) 768 冬眠から覚めました
隣の畑はこの通り。雪解けとともに“畑開き”とでも言いたいぐらい…
緑はまだなくても、雪の下で眠って十分に地力を養い、
一気に布団から跳ね起き、気合い十分という顔をしている。

耕されることを、今か今かと待っている。

チラシでは、充電式や卓上ガスコンロのボンベを使うもの、あるいはコードを引きずる電気式など、様々な耕運機が華やかだ。

数年前、タクシー待ちの間に覗いた中古屋さんで買った電気式の耕運機!? には参った。棒の先に回転刃が着いたような代物で、少しは体力不足をカバーしてくれるかな… と期待したのだが、機械が軽すぎて地べたに歯が立たない。安物買いの銭失いでした。

奇をてらったデザインに、気を引かれる性分が災いしたのかも。

チラシの面々は自走式で、いかにも耕運機という顔つきをしている。
基本はやはりこれだと思う。

それにしても、隣の畑の二組のご年配ご夫婦は偉いと思う。
これだけの畑を機械に頼らずに耕すのだから…

チラシが春耕用品から、種、苗などに移って来ると…
隣の面々も顔を出し始める。引退宣言をしたご夫婦はどうだろう… 

今朝の7時57分。降水確率は全県0/0でした。

2012/03/28(水) 767 バッケ味噌
「バッケ味噌食べるが?? 」と、山菜ガールから電話があったのが数日前。その間、女房は東京で広告代理店の“同窓会”。お土産は風邪でした。寝込んだ女房へのお山菜ガールの見舞いの品々です。

中旬にいただいたバッケは、天ぷらでおいしく頂いた。
後味の苦味で、春の生命力というか、息吹というものを堪能した。

私としても、バッケ味噌は懐かしい味だし、旬のバッケを様々な料理で食べ尽くしたいと思っている。早速、昨夜頂いた。期待通りの味。天ぷらよりは、マイルドな苦味が白いご飯と抜群の相性だった。

春の苦味といえば、今はない実家の生け垣のウコギの若芽の味噌和えも忘れられない。

財政難の米沢藩を再生させた上杉鷹山が、食用になる生け垣として広めたといわれるのがウコギ。その時代、どんなバリエーションのレシピがあったかは知らないが、我が家では、摘んだ若芽をシンプルに味噌で和えたものが、春の味覚の一つだった。

生け垣にウコギがあったのは武家の末裔ということが関係していたのかも…… 食べたいと思っても今は叶わないのだが……

タケノコ、キノコの煮物にバッケ味噌。そしてツバキが添えられていた。

朝7時50分の気温は予想最高気温に近い9℃超え。
つぼみだったツバキはきれいに咲きました。

2012/03/27(火) 766 目まぐるしい
「日差しがあるぞ。シャッターチャンス」と思っている間に、厚い雲に覆われている。全く天気の変化は目まぐるしい……

出勤準備のわずかな時間でさえ、日差しは待ってはくれない。
少し長く、1日のスパンの中でも、晴れたり、曇ったり、降ったり。挙句は白いものが降ったりして……

1週間のスパンでも落ち着きがない。週刊予報では4月1日には雪だるまマーク。目まぐるしい変転は、春のお天気の特徴なのでしょう。

25日にオープンしたゴルフ場は、40組の来場者があったという。翌日は雪でクローズ。予定を2回ほど繰り下げ、オープンにこぎつけたのに。

天気に翻弄されるゴルフ場関係者の泣き笑いが…… 

ちらほらとコンペの案内状が届いている。

集中日は4月の第2週。まさか、フェアウエーが白いもので覆われることはないだろう、という常識的な線なのでしょう。

お誕生日特典の案内状なども届く時期でもあり、その中に
「大切な年金のお受け取りに当行をご指定していただきまして
まことにありがとうございます」とのバースデーカード。

「結構いい歳になったなぁ〜 」と、現実に引き戻されるが、
飛距離は伸ばしたいし、フェアウエーのど真ん中を闊歩したい。

2012/03/26(月) 765 教え上手
何やら今週も雪だるまマークが続くけれど、もう3月も下旬。もう逆戻りなどはないとばかり、気持ちを高揚させているオジサンたちがいる。

やっと昨日、ゴルフ場がオープンしたようです。
練習場には、気もそぞろな面々が続々と集合です。

何度もお手合わせしている旧知の方も…… 
私は、今年2回目の練習場だったが、前回もお会いした。

何か言いたげ…… 遠慮がちだけれども、身振りで私のスイングの欠点を指摘している。体格で優る私が、ほとんどオーバードライブされることから、彼のスイング解析には1日の長がありそう…… 
目で教えてほしいと言っていたかも……

バックスイングの引き方から始まり、とにかくさまざま指摘された。
私のドライバーをひょいっと一振り。それが目を見張るグッドショット。

最近気付き始めた、私の宿痾ともいうべきトップ時の伸び上がりを指摘するあたり、かなり教え上手。

「頭では完璧に理解したけど、体が…… 」 などと、彼の厳しいチェックに言い訳しながら、たまに出るグッドショットに、自分でも見惚れていた。立ち直れるかも……

青は藍より出でて藍より青し…… たまにグッドショットが出たぐらいで、すぐ不遜なことを考えるあたり、まだまだ修行が足りないかも……

2012/03/25(日) 764 スパム3ないし4個
以前書いた“計るだけダイエット”を、いまだに実行している。お金が掛からないということと、TV番組で「何事も分析好きな男にはもってこいのダイエット法」という評価を真に受けたからだ。

分析以前の、「食い過ぎた」「飲み過ぎた」という反省だらけでしたが。

つい1週間前に、お腹周りをすっきりさせようと、入院生活に入った。
別に入院したわけではなく、夕食をアルコール抜きにした上、入院食のように主菜、副菜、一汁ぐらいにとどめることにしたのでした。

“計るだけダイエット”の折れ線グラフは、見事に右肩下がり。ボタンがはち切れそうと決断したその日から最大1.4キロの減量です。

昨夜は、先輩に誘われて一杯やったことで200グラムほどの
リバウンドでしたが、左肩下がりの傾向は維持できていると思う。

さて、カットは1週間ほどで達成した減量が、誤差の範囲、ぬか喜び…… という冷めた見方にも耐えるよう、具体的な量感を理解していただきたくて撮ってみました。

卵3個で約200グラム、スパムは内容量が340グラム。1.4キロといえば卵21個分、スパムでいえば約4個分。減量前は、4個分のスパムの薄切りスライスが、体中にへばり付いていたイメージでしょうか。

ちょっと怖いですね…… 21個の目玉焼きがくっついていたとは、
もっと怖くて想像はしたくないです。

2012/03/24(土) 763 組立完了
足掛け3年、79号で「HondaCB750FOUR」、
いわゆるナナハンの1/4の模型が組み上がりました。

第1週の巻頭には「全世界のライダーを魅了した伝説のナナハン」とある。模型は初期モデルのK0(ケーゼロ)型だが、私が乗ったバイクは2世代後のK2(ケーツー)。それもデビュー後、十数年経ってから中古で購入した。続々デビューするニュータイプに比べ古さは歴然だった。

でも、初期タイプの風格がそっくりそのまま。とてつもない存在感があった。デビューした瞬間に伝説になってしまったというか、生まれながらのクラッシックバイクと言うべき異彩を放っていた。

今になっては、マシーンと一体となって風を切るなどとてもとても……
圧倒的なパワーをコントロールする体力、自信など夢のまた夢……

クラッチ、ブレーキ、キックスターター、スタンドなど、実車同様のアクションを楽しんだり、エンジン音やライト点滅、ホーンなどの仕掛けを楽しむのが関の山です。

K0とK2の違いは? 様々な改良点があったのだろうが、外観での違いはK2ではバックミラーの支柱がカーブのついたシンプルなアームになったことと、K0で跳ね上がっていたシートの後端部分がフラットになった点しか、思い出せない。

それを意識したカットです。
この次は、ディスプレーベースに載った晴れ姿をお見せいたします。

2012/03/23(金) 762 あれほどの雪が……
昨日の最高気温は10.6℃。もちろん今年最高で、
平年より高めだった。
そのお陰で、一気に雪解けが進んだということでもないのだが、
ほら、この通り……

ゴルフ場関係者にいわせれば、雨に打たれた方が雪解けは早いというが、日に日に温かさを増すお日様の温もりのお陰、と思いたい今朝の日差しです。

今日は、それほど気温が上がらないとの予報だが、
そよぐ風も春っぽく、温かい。太陽も眩しく、温かい。

庭もこの通り。隣家との境に北風で吹き寄せられた雪が、
しっぽのように縮まっていくのを眺めては、冬の猛威も、
もうこんなに小さくなってというように……

手前に入っている木の枝はコウヤマキです。

新築した際に、南東側にはコウヤマキ、南西側にはモミノキを
シンボルツリーとして植えたのでした。

その後、コウヤマキが秋篠宮悠仁親王殿下のお印になったことで、
仰ぎ見るような気持になっています。

雪が消えれば消えたで、この雑草畑をどうする……
考えるだけで頭が痛い。

2012/03/22(木) 761 不携帯
「ひとこと」に何を書こうか出勤時にも決まっていない場合が多い。
定点観測ではないが、家の前を撮っとけば使わないまでも気持は落ち着く。あるべきコートのポケットを探っても携帯がない……

家中を探して気付いたのは、会社の充電器に入れたまま帰宅したこと。「そうか、静かで穏やかな夜を過ごせたのは、不携帯のお陰だ」

そう思ったというのは、常に多忙でいたいという、願望!? が言わせた嘘です。完璧な見栄。そうなったらなったで嫌になるでしょうが……

携帯は、業務時間以外は、ほとんど鳴らない。希に7時台くらいに「気付かなくて… 」、「遅れてしまって… 」と、仕事の連絡が入る。

だから、それ以降の携帯のコールには、構えてしまう。大概が訃報にかかわる連絡のことが多いから。その時に気付かされる人の縁であったり、思い出であったり。しばし……

先日、少し年上の方と盛り上がった。顔を見ないままのメールのやり取りで、いとも簡単に騙されることを「あり得ない」と、一笑した。

でも、スナックのママやらから、Vサインやハートの絵文字のメールが届いたらどうする? にやけてしまって奥様にバレバレになったりして……

不携帯でも、全く不自由でない。いいことなのか、そうでないのか……

言葉の力の凄さを、球児から教えられた。素晴らしい宣誓でした。

3月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.