ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/05/29(火) 829 手柴
写真の境界のコンクリート擁壁の左の斑のある緑は、かろうじてながらえている我が庭の洋芝。その隣の畝の列と、その上の横の列が新人ご夫婦が手掛ける畑。

お二人は、熱心だ。夜が明けるとサクサクと規則正しい鍬の音。私たちは、それで目覚めることもある。そして日曜日には、何度も出くわす。昼の見回り、夕方には水撒き、夕食後の見回りと、生活リズムが出来上がっているようだ。

「ゴーヤでも植えたのですか」。ポールの間に目の荒いネットが張られている。そこに蔓を這わせて緑のカーテンでも作るのかと、早とちり。まあ、当たらずとも遠からず「エンドウマメを植えたんだ」。

オーナーの畑を見やり「手柴がないから、ポールとネットで代用だ」とのこと。手柴とは馴染みのない言葉。つる系の植物を這わすための部材をいうようだ。歴戦のオーナーは手柴の名に相応しい自然木。新旧の仕様の違いが際立って面白い。

朝、畑に来たオーナーは、女房の「おはよーさん」に、「んだがらなぁ〜」の答え。

最近彼は、面倒なのか補聴器をつけない。われわれの挨拶にはにこっと笑顔で手を挙げて応える。そのトンチンカンな会話を通訳すると、女房の挨拶を「(新人さんの畑は)素晴らしいね…… 」と勘違いして、彼が「そうだよなぁ〜 」と答えた。そんなことでしょう。お互いいい刺激になっている。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.