ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/13(水) 844 オージービーフ
呑ん兵衛は実にいじましい。理由にならないような理由をつけては呑もうとする。昨夜は休肝日の流れだったが、逆流させた理由はサッカーW杯最終予選。

口を開けたイエローテールの赤ワインがある。もちろん豪州産。そうすると主菜はおのずと決まる。豪州の地図の形とはいかないまでもオージービーフしかない。
かくして対戦相手のオーストラリアを呑んで、食ってやろうとTV桟敷に陣取った。

最後のワンプレー。今まさに打ち放たれた無回転シュートが、ネットを揺らす瞬間を見逃すまいと固唾を呑んで凝視していると…… 何たるカタストロフィー……

アウェーのスタジアムの空気は、窮地に追い込まれた者の息苦しさから、一気に桎梏が取り払われて安堵の呼吸に戻ったというか、北朝鮮のマスゲームのごとく表情が暗から明に激変したのが見て取れた。TV桟敷では真逆でしたが……

解説者は「これがW杯の最終予選なんですよ」と、言っていた。その後の監督、当の選手のインタビューでは、笛に対する批判めいた言葉はなかった。ピッチに立つ者は、すべてを呑み込んでプレーをしているのだと、あらためて思った。

打たせたかった…… の思いは残ったが、潔いインタビューを聞いて、
できることの最良の結果を出したのだろう…… と。
ホーム戦では、もっと美味しく、ワインを干し、オージービーフを平らげたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.