ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2012/06/24(日) 855 ヤートセ祭り
ことしのヤートセ秋田祭りのステージ会場は、会社前。
大音響とともに、ステージでは老若男女が、エネルギッシュなダンスを披露した。

昨年の今頃は、まだ解体工事中。ここではなく道路を挟んだ狭い会場で行われた。震災の影がまだ色濃く、無理を押して参加した被災地チームに温かな拍手が送られ、チーム代表が語る一言一言は熱く、聞く者にこみ上げるものがあった。

ことしも被災地からの参加があった。「秋田の温かい拍手が忘れられない」
この言葉を前置きに、「秋田でお世話になっている知り合いが、家族を残し単身で被災地に戻る道を選んだ」などと、癒しきれない被災の現実を語りかけていた。
思いっきり、そして一心不乱に踊る。それが大事だと思った。

このエネルギーはいい。かっちり揃った演舞は見ていて実に気持ちがいい。
踊っている皆さんの気持ちよさも、しっかり伝わってくる。

15年間欠かさず出ていたチームが、高齢のため今回が最後のステージを迎えた。新陳代謝ができなかったのか、と思わないではないが、その決断も潔い……
キッズが主役で、バックダンサーがおばあちゃんというチームもあった。

老若男女がまさに生き生き。それぞれが主役で輝いていた。
曇り空も吹っ飛んだ。きょうは路上だ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.