ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/01/13(日) 1058 積雪68センチ
朝刊には「秋田市で積雪68センチ」とある。トップの見出しが単なる数値だけとはなぁ〜 変だと思わないではない。この数字が過去のデータと照らし合わせて、一体多いのか少ないのかまで踏み込まないと意味はないのだ。

まあ、市民の実感としては「とてつもなく多い。雪寄せはもうたくさん」という共通認識があるから、いいとして…… でも、大方の市民は「この数値は少な過ぎない」と、思われたのではないか……

例えば、大体の目安で10センチの新雪で雪寄せをするとして、もはや何十回となく雪寄せに駆り出されたのではないか…… そうすると1メートルを優に越す雪を寄せたはず…… 

住宅街で、雪寄せする余地もあまりなく、こまめに処理しなければ雪に埋もれてしまいそうであれば否応なしに回数を重ねなければならない……

観測地点は平場で、気温が上がれば沈み込むし、地吹雪で積雪量が減るような特殊な場所にあるのではと…… 実感と異なるので異議を挟みたくもなる。

きょうは連休の日曜。自宅の周りでは家の周りの雪を処理しようと、奮闘する旦那さんたちの姿が…… これとても雪の場所的な移動にしか過ぎないのだ……
我が家の風景。カーポートが1段低くなった。瓶の底で生活しているような…… 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.