ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/23 5236 野菜塩
2024/06/22 5235 再生力
2024/06/21 5234 打ち首
2024/06/20 5233 生り物
2024/06/19 5232 裏返し

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/10/05(土) 1323 プラタナス並木
出勤経路にはいろいろな並木がある。
家から最初のケヤキ並木。そして新川橋を渡ると刑務所通りのプラタナス並木。

先月から、プラタナスを丸裸にする剪定作業が始まっている。
刑務所通りでも行われているのだが、作業員のやりくりがつかないのか、一気に刈り上げられてはいない。順繰りにやっているとすれば、新川橋サイドが後回しにされているようだ。

出勤する際にはこんもりとしたプラタナス並木で、真夏の透明感さえ感じた大きな葉っぱが、重苦しく見え、うっとうしさを感じる。

そして刑務所正門を過ぎると、そこからは刈り上げられてプラタナスは裸ん坊だ。そこからはうっとうしさは解消、視界が一気に広がるのだ。
夏場、あれほど有難がっていた並木なのに、実に現金だなぁと思うしかない。

写真では、こんもりしたプラタナスが途絶えた風にしか見えないが、空が開けたあたりから丸裸のプラタナスが続いているのだ。

自然に浸る感じが並木の一番の効用だろうが、景色の統一感をもたらしたり視線を遠くに誘導する効果があるといわれている。
剪定による劇的な変化も並木の楽しみ方のひとつなのでしょうか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.