ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/02/10(日) 1086 雪景色
今朝のNHK。雪深い長野県北部を走るJR飯山線に乗車したキャスターが、車窓から流れる雪景色に、「あまり変化はないけれど、見ていて飽きないですね」
全くそうだなと。

集落の光景であれ、人気のない山間であったにしても見飽きないのはなぜ……

今は真っ白だけれども、これから来るであろう変化に引きつけられて、
注意深く目を凝らさざるを得ないのかも……

雪に覆われた山肌や田んぼではあるが、必ず春の芽吹きが巡り、春耕などに人が出てくる。見つめる雪景色の先に春を見ているためなのでしょうか。

すぐ2歳になる女の子を連れたお向のママが、宅地分譲された新築のお宅に回覧などを届けていた。新住民だけで10数軒の新たな町内会の班が出来たらしい。「また1軒増えましたよ」と。

私ら旧住民とは別の班構成になったが、新しい班は全くフレッシュ。ママによると道を隔てた隣のニューカマーは「お若いんですよ。1歳ぐらいのお子さんもいて」

日曜の朝。雪景色の中でママと幼子が手をつないで歩いている。
良いですねぇ〜 雪が消えるのを心待ちにしているのだろうな…… と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.