ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/06/09(日) 1205 ショッ ショッ ショ
鹿嶋祭りは6月の第二日曜日に決まっているのだそうだ。
子供の健やかな成長を願うお祭なので、あまり関わりがないのかな、と。

案内は毎年来ているが、この件の回覧板はろくに見ないでスルーしてきたと女房。でも順繰りの班長になれば、仕事が割り振られるらしく、来年は……

ここに転居して10数年になるが、少しは関わりができるのかな、と。

家の前がつくづく変わった、と思う瞬間は、日が伸びた夕方の光景。
私が家に着く6時半ごろ、仕事を終えて寛いだ旦那さんたちが、小さな子供たちと遊んでいる光景に出くわすことが非常に新鮮で、心がなごむ。

スケボーに腰を下したり、ベビーカーを押したり、車の心配をしたりと、それぞれ3人の若い旦那さんの振る舞いはナチュラルだし、彼らの5人のお子さんたちは見守られて実に伸びやかに遊んでいる。実に若々しくて、見惚れるような光景。

空き地だった3年前、その前の空き家だらけの市営住宅の時代を知る私らにとって、子供たちの笑い声に包まれる環境に恵まれるのは、本当に望外の幸せ。

家の前の3家族は、子供ちゃんを連れて鹿嶋祭りに参加です。コミュニティーがこんな積み重ねで育っていくのだな、と。証人でしかないけれど、それもうれしい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.