ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/07/20(土) 1246 ブッカケソバ
暑い盛り、冷製めんで忘れてはならないのが、ブッカケソバ。
ソバでいえば、ザルソバ、モリソバが冷製では先輩格か。食文化に対する蘊蓄など、微塵もない当方にとっては、口に入れた経験だけ頼りでしかないのだが……

高校を出て東京で暮らし始めて、驚いたというか気に入ったのは駅構内の立ち食いソバ。生醤油に近い出汁の匂いにそそられて…… 夏にはザル、モリが……

大卒で入った職場の先輩に誘われて蕎麦屋の暖簾をくぐれば、年がら年中モリソバ。奢ってくれる先輩に合わせつつ、何て貧相な昼食だろうと内心がっくり。
先輩は体調管理もあってのことなのだろうが、20代の私には物足りなく……

全く貧相なソバ談義ですが、ブッカケソバの出会いはもっと後。
中でも最高に旨かった記憶は、左膝の骨折で3カ月入院中の41歳の夏。
膝以外にどこにも異常がないのだから食い気はだけは相当なもの。

確か土曜日の昼食は自由に物が食べられた。近くの蕎麦屋のブッカケソバを女房が自前の器に入れて出前を…… 娑婆の空気をソバと一緒にすすり込んだような…… 徐々に社会復帰できました。

賄食の定番の一つです。食べる度に不自由な環境の中での悦楽を思い出す。
でも、何でブッカケソバと言うのだろう……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.