ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/08/21(水) 1278 振り返れば残照
帰宅するため会社を出るのが6時ちょい過ぎ。西の方向に車を走らせる。
真正面に西日を受ける。そしてお盆過ぎのこの時期、見事な夕焼けが……

新川橋をわたる頃、秋田運河の向こう岸にまさに沈まんとする太陽が最後の輝きを見せる。何としても写真に収めたい光景なのだが、橋の上で止まるように信号は作動してくれない。いつも、目に焼きつけるだけで通り過ぎてしまう。

物足りなさを感じつつ、家の前に到着する。玄関前のモミジ越しに夕焼けが鮮やかだ。ふと振り返ると東の空が残照でピンクに染まっている。

なぜかこの時期、夕焼けが気になる。

この歳になって、夕日に何らかの感慨を持つこともなくなっているので、夕焼けが気になるといっても、この時期の日の入りがたまたま帰宅時間と重なる物理的現象に反応しているだけかも。

昨日のように大気が不安定で局地的に大雨を降らせた日は、雲の流れが……
大雨は9、10月に多い秋雨の気圧配置に似ていたとか。夏は過ぎたのか……

ふと、子供のころの記憶が…… 思いっ切り遊び回って、名残惜しげに夕日を眺める…… 夏を惜しむ気持もいくらかは……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.