ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年9月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/16 3402 晴れ女
2019/06/15 3401 発信者
2019/06/14 3400 表面上
2019/06/13 3399 文字盤
2019/06/12 3398 浅漬け

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2013/09/05(木) 1293 牛乳箱に缶コーヒー
郵便ポストは赤に決まっているように、記憶にある宅配の牛乳箱は白でした。
上に跳ね上げる蓋が付いた木箱で、たいがい白いペンキが塗られていた。

最近版を眺めると、跳ね上げ蓋は変わってない。素材はプラスチックに変わっている。色は、メーカーのイメージカラーなのだろうか、白とは限らないようだ。

なんつっても一番の変化は保冷箱になって、保冷材などとともに牛乳瓶が届けられること。何をいまさら、という向きも多いだろうが……

消費者の食料に対する意識の高まりや、メーカーの品質管理、衛生管理など、両者のいろいろな思いが形や機能に表現されたのだろう。

8月28日から自宅の屋根、外壁の塗装工事が始まった。職人さんは二人。
日中留守の日は、缶コーヒーを2缶を保冷材とともに入れることにした。

「牛乳箱に入れてあるので、適当な時間に飲んで」 
保冷材や保冷箱の機能はどの程度かは分からない。
少なくとも午前のコーヒーブレイクには冷え冷えを飲んでほしいと……

牛乳箱は日中は無用の長物。こんな活用方法もありかな、と。
昨日は久しぶりに真夏日。冷えたコーヒーが職人さんの喉を潤しただろうか……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.