ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年2月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/03/04 5125 足踏み
2024/03/03 5124 保存食
2024/03/02 5123 逆回転
2024/03/01 5122 忘れ物
2024/02/29 5121 目的地

直接移動: 20243 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/02/10(月) 1451 かまくら
昨日、首都圏の大雪で、雪かきにいそしむパパをしり目に、雪だるま作りに興じる子供たちや、親子で雪合戦するほのぼのとした映像も流されていた。

でもニュースは、寸断された公共交通機関がもたらした混乱がクローズアップ。
それにしても、「なんで」と思うぐらいの、あたふたぶり。

年に何回もない大雪だとしても、恒例のように痛い目に遇っている。雪が消えるまでやり過ごそうとする危機感のなさがあまりにも露骨。見たくない光景です。

雪国から見ればたわいのない雪で首都機能がマヒするようじゃ…… 
雪をなめんじゃないよ、と。

出勤時に見ると斜め向いのお宅の雪山がかまくらに。隣のお宅の山は斜面に。

2つの山はガレージの雪寄せでできたもの。昨年ほど大きくはない。
かまくらの室は小さく、幼児一人がやっと。斜め向かいの若いご夫婦がかまくらの室にお子様を座らせて写真でも撮ったのだろうか……

スロープでは、お向かいのお姉ちゃんが妹ちゃんとそり遊びをしたのか。
いずれも親子で雪国の日曜日を楽しく過ごした名残です。

不思議ですが、雪遊びの跡を見て、春が近いな…… と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.