ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年2月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/03/04 5125 足踏み
2024/03/03 5124 保存食
2024/03/02 5123 逆回転
2024/03/01 5122 忘れ物
2024/02/29 5121 目的地

直接移動: 20243 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/02/14(金) 1455 散歩道
玄関の左側は庇が伸びていて、雨がしのげるこじんまりしたスペースがある。
マッチ棒のようなニッコウヒバの奥の部分だ。

当初は、そこに砕かれた小石などを敷き詰め、レーキで流紋を描こうと…… 
ところどころにゴツゴツした石や、こじゃれた照明具を置いたら和風テーストあふれる玄関周りが出来上がるのでは、と。

そしてニッコウヒバの枝越しに、チラチラみえる“石庭”は、素敵だろうな……

計画倒れに終わりました。グダグダしているうちに、面倒だとばかり、洋芝の種をばらまいて、成長するに任せていました。まあ、生育環境はあまり良いとはいえず、元の砂地に還った部分がだんだん広くなって……

雪のシーズンになると、猫どもの格好の回廊になるようです。
もとより散歩道になることには何ら異存はないのだが……
雪を踏みしめてたどり着いた貴重な砂地。トイレタイムになるのが何とも……

猫が去った後には、後ろ足で砂を蹴った跡が波の形に。
猫に流紋を作られてもな〜 そのスペースが徐々に広がっているし……

「もう許しません」。除雪の雪を投げ込んで意思表示。砂地を覆っています。
雪を掘ってまではしないだろうと。全く、トイレは自分ちでしろよな!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.