ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2015/06/19(金) 1944 サツキ
最近は割山町の自宅の洋芝に掛かりきり。マンションにはご無沙汰していた。
昨日行ってみると、白骨化した木の根っこの近い部分から伸びた“ひこばえ”に花がついている。

サツキはツツジの一種で、開花時期が遅い物をいうとすれば、サツキかと。
オレンジが入った赤系。独特な色合いがなかなかよろしい。

数年前から白骨化した幹を、雪に潰されないようにあえて雪吊りを施してきた。
命を失った物と、新たな生命を受け継いだ物との対比が面白いと思ったから。

最近、出入りの業者さんからこの木を引っこ抜きましょうか、との提案がされた。
玄関前の一番目立つ花壇の中央。いかにもみっともなく写る。でも私の気持ちはある意味、オブジェのような捉え方で、なかなか味があるな、と。

そして実家で、代々受け継がれた庭木でもあるな、と。木肌が白いのもいいし樹形もなかなか。雪でつぶれるのは嫌だが、それ以外では朽ちるに任せようと。

ひこばえの色鮮やかな花を見るにつけ、私の選択は間違いなかったなと。

ウイキによると“ひこばえ”とは樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。
太い幹に対して孫(ひこ)に見立てたことによるのだが……
このような枯れ木との命のリレーをも言うのだろうな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.