ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/07/15(金) 2334 心理戦
この業界に飛び込んで、様々なことを考えさせられる。土地、建物を持つ方々がいて、その方々に新たな人を結び合わせる、これが私の仕事かと。
売買の仲介。当たり前だが新たな人にどんな方法で訴えるかが、非常に重要となる。昨年から利用している紙媒体への出稿。いわゆる不動産広告とは……

この広告効果を数値化するのはとても難しい、かと。日刊紙はその日限り? 週刊紙は1週間? 切り抜いて手帳に挟みこめば1カ月以上????

バブル期を過ごした業界人は「広告を出した日は、電話が鳴り止まなかった」「抽選で完売した」などと、遠い目で語るベテランがいると思えば、「今は、1本電話が来るかどうかだ」との呟きがベテラン、新人から漏れる。

で、反応の薄い広告が無駄になったか、といえば、そうではない、というのが私の結論。100件の問い合わせがあっても、買うのは一人。その人の琴線に触れれば良いのだ、と。それはある意味心理戦だな、と。

広告を打つ。それは不特定多数に興味を喚起するだけの浅掘りの行為。まあ耕地を耕して、種を播く行為か。その段階で買主が現れれば言うことはないが。

また同一物件の広告を出す。これは、ある程度関心を持った人には格別の問い掛けになるか、と。その人にとっては深掘りの行為になる、と。その姿無き人が、姿を現した際には、かっちり意思が固まっている…… 想像ですが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.