ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/21 3621 焼き台
2020/01/20 3620 大違い
2020/01/19 3619 長押し
2020/01/18 3618 息遣い
2020/01/17 3617 心臓部

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2016/09/14(水) 2395 平常心
日曜日、元会社の現役たちとOBを交えての定例コンペ。好調だった富士山ツアーでの余勢をかって、気を良くしてのラウンドだったが、あえなく大落胆。

つくづくゴルフは奥の深いスポーツだな、と思う。寄る年波に勝てない、という部分は誰しもあることで、その発現の仕方はそれぞれあろうかと思う。なされるがまま、のお方もあるだろうし、徹底的に抗おうとするお方も……

どちらかというと、後者かな、と思う。でも、明らかに何年か前の体とは違っているので、抗うといっても焼け石に水!! という指摘もあろうが……
この努力は、ゴルフに収斂しているのは明らか。ゴルフと出会わなかったら今の生活はどうだったろう…… と考えるだけで恐ろしい気がする。

というほどのゴルフなのですが、好調だと思って挑めば、大波に翻弄され、波のそこのそこまで突き落とされる。その反省を踏まえ、気持ちを切替えて臨めば何のことはない。昨日は意気揚々と帰路につけた。

なんとも不思議です。日曜日のゴルフは快晴、コンディションは最高。昨日のラウンドは小雨がパラツキ、秋の冷気さえ感じられるコンディション。このとおり。

他の方と競うという心が、スイングを乱す原因なのか……
成功率1%ほどの奇跡的なショットに賭けて傷口を広げるか、それを押し殺して冷静にプレーするか…… 自分との闘いなのだな、と。平常心、そして楽しく。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.