ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/02/11(土) 2545 雪起し
「雪起し」とは「雪が降ろうとする前に鳴るかみなり」と、新選国語辞典新版。

建国記念日のこの朝、先月下旬に大雪に見舞われ、交通マヒなどで脆弱性を露わにした中国地方で、また、おなじ程度か、それ以上の大雪が降っている。

山陰では一気に70センチの雪。駅ロータリーで車が雪の畝の低いところを走っているような、雪国育ちの目にも異様な光景がTVで紹介されていた。

中継のアナウンサーが稲光に「この地方では雪起しというそうです」と眉をひそめ、まだまだ降り続くとか、注意や防備を呼びかけていた。

山陰だけでなく雪国であれば、どこでもそういった気象に関する言い習わしはある訳で、こうやって書いている間にもピカッ ゴロゴロと。

同じ低気圧の影響で、同じように雪に見舞われそう。ただ程々にと願うばかり。

先週の土曜の社食です。女房がランチ会に行ったもんだから、一人社食です。
このカップ麺。女房がコンペの参加賞で頂いた。お互い一人社食で重宝してきたし、「これにすっか」と二人で簡単に済ますことも。で、残りも少なくなって。

食べ尽くす頃にはゴルフシーズンに入っているか、と。
今も稲光……   ん!? 春雷というのもあったよな……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.