ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/04/27(木) 2620 芽吹き
昨日の夕食に、アイコの味噌汁、アイコの味噌押しが出ました。陶芸サークルの折に山ガールから頂いたものですが、帰宅した時には既に、調理済み。

残念ながら写真に収めることは出来なかった。数えれば春の便りは第4便です。

この写真は、第3便のタラノメの天ぷらです。脇に添えられたのは小エビの天ぷら。動物性たんぱく質も必要ですし、彩りというか、見た目を考えてのことか……

背景の写真はJRが発行している「トランヴェール」の特集ページの一こま。
「秋田、早春の魚旅」と題し、阿仁の毛ばり釣り名人とヤマメがあくまで主役。
そこで渋く、名わき役として登場すたのが彼が採ってきた山菜。

籠に入っているコシアブラを先頭に、時計回りにアイコ、コゴミ、ウド、ホンナ、タラノメ、シドケ。兄が同窓会の出席のためJRを利用し持ってきてくれた。

タラノメの写真だけでは色気が無いな、と思っていたのでグッドタイミング。
雪国だからこそ春の芽吹きを最大限享受するという、素晴らしい食文化が育まれたのだな、と、つくづく思わされた。

もっと山菜文化を誇ってもいいし、発信してもいいではないか…… 山間に息づくジビエ料理、アユ、ヤマメ、イワナの川魚料理、山菜料理、キノコ料理……
まだまだ磨き上げれば光る原石は尽きないな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.