ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/08/18(金) 2733 野生種
何度か登場する刈払機。こいつには本当に驚く。
20年近くなるが故障知らずで、もちろん購入した専門店への入院歴もない。

秋口の使用を最後に、越冬期間に入るが、しっかり手入れするわけでもない。
使いっぱなしで、草の断片などを洗い落とすまでもなく、汚れたまま小屋に。

春になって、さあ刈り払いといった際に、エンジンが掛からないことがある。今年もそうだった。寿命かな、などと思いつつスターター部分を分解したりするが……

結局、気休めみたいなもの。多分、冬期間に半年も冷気に晒され、エンジン内部やオイルなどの全てが冷え切って、ちっとやそっとでは動かないだけなのだ。

そんなこんなでいじくり回しているのが、ウオームアップにつながってかトロトロと。
すごいマシーンと思う。日本の製造業の素晴らしさを再認識させられる。

ただ、付属の肩にかけるベルトとマシーンとの連結部分が早々とイカレたぐらい。でも本体はびくともしない。連続運転でへたることもない。
アイロンをかけるようにスムーズに刈り高をそろえることが出来る。

洋芝のスペースが大分縮まってわずかになった。他の草も入れ替わったりして勢力図が変化している中、海岸に自生する野生種の芝の領域が増えつつある。
そいつが全体を覆ってくれれば…… そんな観察できるのもマシーンのおかげ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.