ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2018/10/15 3158 馴染み
2018/10/14 3157 補修材
2018/10/13 3156 大雑把
2018/10/12 3155 気づき
2018/10/11 3154 大好物

直接移動: 201810 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/10/15(月) 3158 馴染み
10月15日(月)。7時50分11.5℃。最高気温20℃。高気圧に覆われるが気圧の谷の影響で時々曇り。でも雨の心配の無い降水確率0/0。

あっという間に10月も折り返し。この秋空を堪能できるのはあと何日…… 日の傾くのも早く、昨日のラストホールでは影がとても長かった。秋の深まりが……

レストランのホールの馴染みの女性が「ゴルフから足を洗ったんでねーが」と、噂を聞いたと話し掛けてきた。「いやいや、まだ足は汚ねえぞ」と答えたが、あんまり懐かしそうにするので、いつ以来か考えてみた。

実はブランクは2週間足らず。彼女がそう思ったのは、月一のコンペにご無沙汰するようになって表彰式で顔を合わせることがなくなったのでしょうがないか……

ご無沙汰はコンペで最下位争いの常連になって、面白くなくなったから。
「ゴルフは楽しむめば良い」と言われるが、表彰式で最初に名前を読み上げられるのはどうも(=いつも成績下位から発表)。プライドがズタズタ……

ということで最近は楽しむゴルフに徹している。それでも素振り、筋トレ、ストレッチは欠かさずコンペへの捲土重来は期しているわけで……

様々試行錯誤を…… 目標はゴルフだけはうまいジジイ。それは「エッ、あんなにゆっくり振っているのに何であんなに飛ぶの!!」という境地。無理か……

2018/10/14(日) 3157 補修材
10月14日(日)。9時12℃。最高20℃。降水確率10%。秋晴れ。
気持ちのいい青く高い空。雲ひとつなくパーフェクトな行楽日和です。

今日の天気にそぐわないが先週の作業着デイのひとこま。
コンクリートのヒビを補修しようと、ぶっつけ本番で挑んでいるところです。

かなりほったらかしにしていたが、空室になったことで、今が良い機会であると。
冬を迎えるこの時期、寒さが募って浸透した水分が凍りついて体積を増し、ヒビがさらに拡大する危機。究極はそうなのであろうが…… 

見た目は悪いけれど、それ程悪化はしてないと思うが……

今回はファストフード店のケチャップ容器のようなもので補修材を流し込むタイプ。ヒビのサイズに合わせて先端をカットするのだが、手元が狂い大き目。
ケチャップだったらドバッと出て嬉しくなりそうだが……

ヒビを覆った補修材を塗り込むタイミングは!? ぶっつけなので説明書の「耳たぶの硬さ」も何のその。硬くなり過ぎて剥げ落ちるし…… これはアカン!!

時間が経つとノズルが詰まって補修剤材が出なくなる。現場にはそれを突っつくキリも無い。ドタバタというか、時間がどんどん流れて塗り込むタイミングを逃す。
仕切り直しというか、じっくり家で予行練習し、再度挑戦します。

2018/10/13(土) 3156 大雑把
10月13日(土)。10時16℃。予想最高20℃。降水確率10%。晴。
北海道では雪が降り、紅葉の真っ盛りの北でも、山頂部分に白いものが……

6時半からストレッチ兼筋トレが始まる。ある時からユーミンのサニー・デイ・ホリデイの繰り返しがBGMだった。その後は石川遼で有名なスピードラーニング。

運動に適度なリズムが必要という選曲だったが、何らかの実利があった方が良いと思って英語教材に代えた。英語力の方はちっとも。聞き流し力のほうが勝っていたようです。最近はCDプレーヤがイカレテしまいFMラジオを流している。

聞き流し力の実力はあると思っていても、つい耳を傾けて、体の動きが止まってしまうのも度々。それも現在に生きる者として当然のことかと。
生ニュースや今日の仕事に役立つトッピックというコーナーもあったりするので。

その時間帯は大阪がキー局となっているようで、最初の段落にあるように北は北でマルッと大雑把に把握しているきらいがあるようです。
そのうえ、はるか遠い、という感じが言葉の端々に、にじみ出る。

北海道だって広うござんす、山もあれば都会もある。本州の北にしたって最北もあれば様々。どの範囲を言っているのだ!? 目くじらを立てる程でもないが。

キャスターは西の紅葉はまだ、と〆ていた。列島の長さを実感したのでした。

2018/10/12(金) 3155 気づき
10月12日(金)。10時14℃。最高18℃。降水確率90%。曇り。
最高気温が20℃いかない。だんだん慣らされていくようです。

先日の段取り8分と、段取りさえ上手くいけば仕事がはかどる話の続編……

きっかけは鉄製の支柱についたプレートのペイントが剥げて数字が読めなくなり、支柱の錆も目立つ、ということ。プロの看板屋さんの見積は約12万円。
錆止め、仕上げ塗装、塩ビシート切り文字張りなど。

これだけの負担をオーナーには勧められない。目論みは鉄製の支柱を引っこ抜き、ネットで購入したアルミ製プレート、木製支柱で全取っ替えすること。

しかし駐車場はアスファルト舗装で抜けない強情張りも。強情張りの前には50cm足らずの新木製足つきプレートと、合わせて2本が立った。実に不恰好。

それに単独で立っているプレートは50cm以下。雪のシーズンでは撃沈だ。

結局は、看板屋さんの見積とほぼ同じ作業をすることに。
鉄製支柱に白の塗装を施し、アルミ製プレートを流用してビス止めする。
紆余曲折を経て、以前からの頑丈な鉄製支柱を生かし番号をクリアにできた。

気づきに半年もかかるとは…… この作業はもちろんサービスで。

2018/10/11(木) 3154 大好物
10月11日(木)。7時50分16.8℃。最高19℃。降水確率80/90。昼頃に雨脚が強くなるとか。そうだと体感温度は冷え冷えか……

水曜日は女房の陶芸教室に通う日。そこに来る山ガールから様々なものを(内密に)手渡しされることもあるし、朝方、玄関先に届く方が、数として多いかと。

昨夜は夕食前に「キノコ届かなくなってきたね」とさりげなく言ったら「もう高齢だもの」と女房。そういえばアミタケが1度きり。季節を感じさせる必須アイテムだっただけに残念ではあるが、寄る年波には……

実は山ガールから手渡されたものがあって、キノコとか私らの口に入るものでなかったから話題にしなかったとか。全く現金なものです。

こんな季節ならではの野趣たっぷりのアケビでした。それが大好物だとかアケビ料理の達人であれば昨夜の夕食の立派なデザートや豪華な一品になったでしょうが、私らには生食の嗜好も、アケビ料理のスキルも無い。

店先に飾るつもりだったようだ。紫陽花の葉っぱにまだ色づきの浅いアケビ2個。

子供時分は近くの金照寺山という里山にアケビがあって、ガキどもが狙いを定めていた。おやつは自前で調達が当たり前の時代、待っていては他のグループの餌食になる訳で…… 中々口に入らなかった苦い思い出が。

2018/10/10(水) 3153 下準備
10月10日(水)。7時50分15.9℃。最高22℃。降水確率30/70。

さて台風一過の翌日は安定の晴。いざ出陣の図です。段取り8分、仕事2分との業界もあるようですが、この段取りは何分くらいで、出来栄えはどうか……

以前書いた管理する駐車場のナンバープレート。新設したのは背丈が40cm足らず。以前は1m以上あったので積雪期には完璧に雪に埋もれるな、と。
交換してそれだったら、オーナーに申し訳ない。雪まで何とかしなきゃ。

駐車場の端まで家庭用電源から最遠が50mほど。作業に電動ドリルが欠かせない。我が家の芝管理に必要なトリマーやバリカン用の電工ドラム2個を借用。ボルト・ナット適量、仕上げの水性ペイント、延長コードを少々……

電気工事屋さんの軽ワゴン車の荷台並みだな、などと楽しんでおります。

2日掛りと思っていたが、台風で1日潰れた。1日で済ますため、午前中に資材購入、家に持ち込んだ支柱4本のペンキ塗り。ボルト・ナットに2枚のワッシャーを挟み込む下準備。現場でのモタモタを極力無くそうと……

午後に作業開始。初めの1、2本でタイムを測り、計15本は余裕で日没前に終わるな、と。電動ドリルの刃先が舐めるトラブルもあったが、サイズ違いの刃先で何とかクリア。オーナー宅のブレーカーを落とすこともなく、気も晴れました。

2018/10/09(火) 3152 洗車場
10月9日(火)。7時50分14.5度。最高21℃。降水確率40/20。全県に濃霧注意報。これはいつものことで、気温的には平年並みとか。

秋田沖で温帯低気圧に変わった台風25号。明け方の風の猛威には驚いた。
日曜の各地のイベントは中止や延期の憂き目に。私の屋外作業は日延べに。

昨日は台風一過の晴れ。強風に煽られて空気中の塵芥が吹き飛ばされ、秋ということもあって青空の高いこと。

そんな空から目を転ずると現実が…… その塵芥がへばりつく先はガラスや壁。
特に青空を遮る窓ガラスの汚れが致命的。多分、塵芥の中には、強風に巻き上げられた日本海の海水に含まれた塩分が……

カーポートに止めていた車も、そのもろもろの付着があった訳で…… 
運転中の外の景色がすりガラスの向こうに見えて、気持ち悪さが半端ない。

FMを聴いていたら、コイン洗車場は翌日がウイークデイもあって洗車を済まそういう人の列で大賑わいだったそうだ。ベタベタする塩分を洗い流さないと様々なトラブルが…… 海に近い人にとっては必須です。

ホースにつけたデッキブラシ(=屋根の上)でゴシゴシは車に良くないが…… 
24号と違い日本海を北上して海水を巻き上げた25号ならではの置き土産。

2018/10/08(月) 3151 建具屋
10月7日(月)。体育の日。7時半16.7℃。最高22℃。降水確率10%。

最近、管理するマンションの入退去が忙しい。退去だけだと苦しいが、入居があるので心の平安が保たれる。何と言っても入居率100%が至上命令……

各戸の片開きのドアが玄関ドアを含め4枚。玄関、トイレ、洋室のドアで不具合は聞かないが、廊下とリビングを隔てるドアの不具合が入退去の各戸で大なり小なり問題が…… 不具合は小さな芽のうちに摘み取る必要がある。

ドアの開け閉めで、フローリングの床をこする不具合が…… このぐらいは良いかな、と思っても借りている側が「傷をつけちゃいけない」「傷をつけたら退去時に修理費等を負担させられたらかなわん」と、神経質になるのも理解できる。

調整は専門知識や技、特殊工具などを揃えた建具屋さんだけの仕事だと思ったが、ドアの蝶番をしげしげ眺めると、様々な調整用のネジがあるではないか。

動画を見るとアラアラ不思議。プラスドライバーでいとも易々と調整が出来る。ドアの左右の傾き、前後の傾き、ドア全体の上げ下げが一ひねり二ひねりで……

長期戦に備えてTVを見始めた住人が、ほんの数分で調整したので拍子抜け。私に崇めるような視線を送ったのは、ゴッドハンドとでも思ってのことか。
入退去時の建具調整は、必須の作業になりました。実に簡単なんです。

2018/10/07(日) 3150 秋田沖
10月7日(日)。10時20℃。最高23℃。降水確率40%。風9m。

台風25号は午前3時、秋田沖で温帯低気圧になった。風は猛威を振るっていて4時半に最大瞬間風速31.8m。風切り音で目が覚めたのと同時刻か。

昨日の出掛けの写真です。台風から温帯低気圧に変わった暴風に晒されているのに、なんでこんな変哲のないのどかなショットなんだ、と怪訝に思われるかと。

空の中央をご覧ください。空を飛ぶトンボがバッチリ収まっている。シャッターを押す際には全く意識はなく、ものの見事に映りこんでいるのは全くの偶然。

昔のフィルム現像の時代では、ネガあるいは焼付けで初めて映り込みが確認できる。それまでかなりのタイムラグを伴ったことなのだ。デジタルだと、手間要らずに瞬時に驚きの画面を確認できる。何という進歩……

トンボは羽の先端部分だけが黒い。瞬間を切り取ったので羽の動きはない。空中にいることが何とも心許無い。今にも落ちそう。記者時代、シャッタースピードが速すぎてヘリコプターの羽が止まった写真を撮り、叱られたことを思い出した。

そういえば最近あまりトンボを見かけなくなった。
在来種のタンポポ同様、生き辛くなった環境には姿を見せなくなったか。
この暴風、昨日のトンボはどこかに身を潜めているのだろうが……

2018/10/06(土) 3149 蒸し芋
10月6日(土)。11時24℃。最高28℃。降水確率40%、湿度79%。
台風25号は日本海を北上中、日曜には秋田沖で温帯低気圧に衰えるとか。

今はすごく穏やかな晴です。フェーン現象か、季節が逆戻りしたような暑さ。

隣の畑の女性オーナーからサツマイモが届いた。黄色の花をあしらいパチリ。

ブタナとの格闘を何度か書いたが、茎が長くもないし何本にも花茎が枝分かれしていない。女房とタンポポであることを確認した。秋にも咲くとネットにある。

さて、このタンポポは在来種?外来種? 新聞社時代の何十年も昔、希少となった在来種の群生が秋田市の某所で見つかった、と麗々しく記事になった記憶があって、それほど外来種に席巻されたのだな、と思い込まされていた。

外来種は日本原種を駆逐する悪者なのか!? 在来種は虫などを媒介に繁殖するのでそれに適した田舎の環境が必要。外来種は単体でも子孫を残せる上、無機質の都会にも適合できる。都会派はほとんどが外来種だそうだ。

勝った負けたでなく、環境に適合し、シッカリ棲み分けをしているようだ。
だとしてこれは在来種、外来種…… 判別が難しく、交雑もあるのだとか。

サツマイモは天ぷら、煮物…… 二人で消費するには断然蒸し芋ですね。

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.