ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/27 3413 裏返し
2019/06/26 3412 実験台
2019/06/25 3411 枯山水
2019/06/24 3410 穴埋め
2019/06/23 3409 歯止め

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/12/31(月) 3235 大晦日
昨日、親類の葬儀に向かう車内。香典が入った包みをそれとなく。後ろには前日に、やっとのことで上越新幹線、羽越線を乗り継いで秋田入りした実兄が。

今年の正月3日、自宅で叔父が倒れたとの急報で女房が駆けつけたこと始まり葬儀が6日。そして昨日は親類の葬式。葬式に明け、葬式に暮れた年だった。

俗な言い伝えでも良いから、そんな家族や縁者に幸運が巡ってくるとか、何かがないものか、と思ってしまいました。ご両人の享年は94歳と89歳。

ご両人とも亡くなる直前まで床に伏す事もなく矍鑠としていた。ご家族の驚き、悲しみはどれだけ深かったか。「まだ受け入れられない」というお孫さんの言葉は胸を打つが、むしろ充実した関係の表明であって、幸せの証だったのだなと。

兄の到着は4時間遅れ。帰省の混雑でやっと見つけたルート。上越新幹線は順調だったが、新潟以降は特急「いなほ」の斡旋転覆事故の記憶で運行は慎重。運行指令との交信で停車、ノロノロの連続。立ちっぱなしは辛かったようだ。

13年前のクリスマスの夜の惨事。秋田発の列車で5人の命が奪われた。
当夜はデスクとして初期対応に追われる編集局で、死の報に直面していた。

ご両人は充実した人生を胸に、散歩に出掛けるがごとく足取り軽くあっさりあの世へ旅立った。バイバイと手を降っているようで、何やら羨ましくなるような……

2018/12/30(日) 3234 耳打ち
12月30日(日)。9時0℃。曇り。降水確率90%。予想最高1℃。→雪

「グロー管がある場合は、LEDランプに付属のダミー管に取り替えれば点灯。グロー管がなければLEDに切り替えても点灯しない」「ちょっとややこしいけど」。

何かが起こるとすぐ対応してくれるお助けマンの電気屋さん。4カ所の蛍光灯をLEDに替えたい、という女性の要望にこたえる予備知識として聞いたのでした。

数年前、大晦日に集合アンテナが故障し、あわや国民的行事の「紅白歌合戦」から隔絶された、絶海の孤島にマンション住民を追いやるところだった。
「何とそれだば大変だ!! 」と、寒風吹きすさぶ空中作業だった。

アドバイスは実に丁寧、なのに勘所を押さえてシンプル。仕事はお人柄どおり。
予備知識があって正解。まずリビングの蛍光灯は、円形のスリム管でグロー管なし。他は直管でサイズ違い。これらにはグロー管があることを確認して買出しへ。

スリム管にはLEDがないことを家電量販店で知った。直管の1mは家庭に持ち帰った後の灯具との相性が最悪で、返品の山となったので扱いを止めたとか。
確かに陳列棚は空。耳打ちされた近くのホームセンターで買い求めた。

家電量販店が音を上げるとは。としてもどっつが誠実、どっちが商売上手やら。
一発で点灯しなかったのはご愛嬌。すべてクリアできたのはアドバイスのお陰。

2018/12/29(土) 3233 居座り
12月29日(土)。10時−1℃霙。降水確率90%。最高−1℃。→雪。

最近、とみに涙腺が緩くなった来た。「介護です!! 」と、若い女の子二人。にこやかで明るく言い切った様に、自己犠牲とはいえないだろうが、献身的に仕事に打ち込む熱意を感じ取ってウルっときたのだ。

近々、ご厄介になる、ということではないにしろ、同年代あるいはもっと高齢なお方達が、絶大なる信頼と感謝を込めていることを考えると、天使に思えるのだ。

天皇陛下の最後の記者会見でひとこと、ひとこと、噛みしめて離すお姿を見て涙腺が緩くなるのは、同列には出来ないと思いつつも、涙腺に至る様々なメカニズムが、いまだに繊細で正常なことに心穏やかになる。

年末寒波はこのとおり居座っている。日中でも氷点下が多く、雪も解けないでサラサラ状態。いつもは解けるに任せるのですが、年末休みに入って玄関先の雪寄せもしていない、というのもみっともないので雪寄せを。

青空が広がると日差しがまぶしい。そしてまっさらな雪に乱反射する光も厳しい。目から涙が。これは生理的な防衛反応でしょうが……

涙腺が緩むのは悲しくてしょうがない、ではなく、心が平穏なときに多いかと。
様々なシーンで涙腺が緩むと思うが、良しとしよう。居直り!? いや年だから。

2018/12/28(金) 3232 心の中
12月28日(金)。9時−3℃。曇り。降雪確率90%。最高−1℃。雪雪雪

昨夜は駅前で一人飲み。大将と談笑しカウンターの隅に。カウンターも混み合い左手に若い女の子二人連れ。しめた!! と心を弾ませる年でもないが……

「メニューを借りてもいいですか」の声に相好を崩すあたりまんざらでもなかった。
その後が駄目。二人がタバコを吸い始めた。普通、隣に断りを入れるでしょうに。

目の前に灰皿はセットされてるし、隣に断りをいれるにしてもエチケットのレベル。あまり世慣れていないお二人には酷な要求かも。それにしても偶に見かけた咥えタバコにケータイ中の運転、今時珍しい歩きタバコが若い女性だったりする。

何で!? という疑問は晴れない。悶々としつつ、飲食街の川反での失敗談とか、夜勤何タラカンタラが聞くともなく耳に入ってくる。外は猛吹雪……

帰り際、肩を叩いて「看護師さん?? 」と尋ねると、二人が顔を上げ、パッと表情を明るくして「介護です!! 」。にこやかに声を揃えた。仕事に対する誇りに満ち溢れた言葉の力に圧倒された。もちろん、つられて私の顔もほころぶし……

紫煙はアッサリ晴れ、悶々とした気持ちも跡形もなく消えた。
「そうなんだ。ありがとね」「頑張ってね」。「はーい」だったと思うけど……
猛吹雪は晴れた。吹雪の名残りが目を濡らす。タバコは控えろよ、と心の中で。

2018/12/27(木) 3231 隣の藪
12月27日(木)。7時50分−1.6℃雪。北西の風6.5m/s。風雪注意報。秋田市を含む南側には大雪注意報。降雪確率60/70。最高は−1。

年末寒波に襲われています。今日は真冬日になりそうです。

雪はこのとおり。アッサリしか降っていないが、気温が気温なので地表にあっても解けずに粉砂糖のように存在感を示しています。

出勤支度をするころ、隣の藪がチュンチュンとスズメが騒々しい。
風が強くない日はこちら向きで首をすくめて羽を思い切り膨らませて丸まっている姿が、いわゆるふくらスズメで愛らしい。

窓を開けてシャッターチャンスを狙うと、木々の梢に移動、危険に対処する準備を始める。今朝は時折雪を伴った強風。梢に止まったスズメは風上に頭を向けて、羽をすぼめて風雪に耐えている。

ふっくら可愛らしいスズメから一転、小さくも毅然とした姿。師走の風は厳しそう。

彼らに正月が来る訳でもない。餌も乏しい酷寒の中、ひたすら耐えて暖かくなる春を待つしかない。その点、人間には正月が巡って来るし、山あり谷あり……

オートロック騒動は今年の悶着納めだったか。穏やかに仕事納めです。

2018/12/26(水) 3230 絶滅種
12月26日(水)。7時50分4.5℃。曇り。降水確率30/50。最高6℃。

昨日、自宅にドコモからDM。CMなどで狙い撃ちされているような気がしていたが、とうとう個別撃破に来たか、という感じ。それも「今までありがとうケータイ」と情緒に訴えかけてきた。気持ち的にはグラッと、きつつも、何とか持ちこたえている。

利点は聞かされ理解もしている。旅先で相棒という“大人の休日クラブ”派。「連絡はメールにすべ」という開明派。孫や娘の動画・写真を見てくれ派…… 

絶滅危惧種になった実感を持ちつつ反論は「ケータイは通話とメールさえ出来れば良い。それ以外はパソコンで足りる」。というのも起動に時間のかかるパソコンに比べ、通話からネットへサクサク移動出来ては、あまりにも無残な言い訳。

私の場合は「ひとこと」の写真サイズの問題もあって踏み切れない面も……

菅義偉官房長官の「携帯料金は高すぎる」発言で、俄かに現実味を帯びた端末と通信料金の分離問題。そうなると料金プランにまぶされていた端末の値段が切り離されて、高価になるとか。その前に手を打つのは規定路線だが……

女房は溜まったポイントを使って切り替えた。ラインとやらも始めた。
私自身は、ポイント十分でも今日明日の問題ではないな、と冷静にみている。
ただ、故障でもしたらケータイに明日はない。

2018/12/25(火) 3229 八百万
12月25日(火)。11時3℃。曇り。降水確率40%。最高4℃。のち雪。

我が家のなんちゃって「若者のアイドル」。老舗スパゲティ店の鉄板メニューらしいが、なぜか我が家でもワタリガニとトマトソースのスパゲティと双璧をなす鉄板。

アイドルって何?? 金曜夜のNHK「チコちゃんに叱られる」の解答は「形を与えられた神様」なのだとか。

英語では「まがいもの(=偶像)」の意味。一神教の西欧では良い意味で使われないが、日本では若者が熱狂するというような意味で使われるのは……
八百万の神の国の日本ならではの緩さもあってか、独特であるとか。

だとして「若者のアイドル」のネーミングの由来は……

ガーリック味のとてもシンプルなペペロンチーノがベース(=多分)。これだけじゃインパクトが少ないのでソーセージ、野菜、キノコなど具沢山にして、若者受けを狙ったということなのか。オジサン、オバサンのアイドルはこんなもんです。

休日も音声登録した業者さんから折り返しの電話が。そして連休明けも朝一で業者からの電話や、鍵屋さんへのお礼などで忙しい思いをさせられました。

そんな落ち着かない休日の昼食でした。私らのアイドルって誰だった!?

2018/12/24(月) 3228 電気錠
12月24日(月)。10時2℃。曇り。降水確率40%。最高4℃。曇り→雪。

結局、騒動はなんだったのか!? シッカリ伝わらなかったと思うが、単純化すれば「ドアに釘が挟まっていて、それを取り除いたら解決した」ということ。

仲介サイトで、入居者が求める設備で、直近は「インターネット無料」がトップに入れ替わったが、それまでは「オートロック」。安全・安心への要望が強いのだ。

当日は電話で不具合の状況を聞くしかなかったのが、混乱に油を注いだし「オートロック」というソフト・ハードのシステム異常と、一瞬焦ったのも拍車を掛けた。

聞き取りで、稼動部(=ドア自体)の問題と思いつつも、システムの心臓部、伝達部など電気系だったらお手上げだな、という気持ちが先に立ってしまった。
会社でようやく探し出した取扱説明書を持って現場に駆けつけたら……

鍵屋さんがあっけなく解決していた。観音開きのドアはいつも片方が閉じている。
引越しで両開きにした後、片方をロックする爪がシッカリ収納されずに、一方のドアの開閉を妨げていた。それはマイナスドライバーで引っ込めればよかったのだ。

取扱説明書にはオートロックとの言葉は無い。単に電気錠としか。そうなのだよ。オートロックなどと色々な機能を盛った言葉に惑わされてしまった。今回は単純なドアの動きの問題。単純化しないと。そして現場主義が疎かだったのも反省。

2018/12/23(日) 3227 第一報
12月23日(日)。10時2℃。曇り。降水確率40%。→雨。予想最高8℃。
昨夕は大慌て。かなり重大なご迷惑や、大出費を伴いそうな第一報が……

「マンションのオートロックのドアが開かない」。昨日引っ越したお方からの電話が午後5時過ぎ。「ガスの開栓に来た業者が入れないし、私も出られない」。
ガス業者は、オートロックは機能するが、ストッパーが効いているようだ、と。

さて下手人はストッパーを解除した引越し業者? それに施工業者、納入業者などに電話しまくり。いずれも就業時間は過ぎてイラつく電話音声。用件を録音すれば明日ご連絡するとか。忘年会で浮かれてんじゃねえよ、と悪態がつい。

連休中に不便はかけられない。万が一の場合、どんな方策があるのか、最悪ドアを壊す!? 女房を現場に走らせ、自らは会社で司令塔で頑張るも……
万策尽きて他のビルでお世話になっているメンテナンス会社の社員にSOS。

私も女房も最後は鍵屋さんと思っていた。彼も偶然同じ鍵屋さんに連絡済で、鍵屋さんと駆けつけてくれた。鍵屋さんは見るなり「フランス○○錠が悪さしてる」と言いつつ器具を差し込んでチョチョイのチョイ。餅は餅屋というか…… 
あっけない幕切れに力が抜けた。秋田弁で「魂ぼろぎ」したとつい口に。

動転してこんな写真しか。騒動のご出演者には感謝しか有りません。窓から出入りを余儀なくされたお方をはじめ入居者様には大変ご迷惑をおかけしました。

2018/12/22(土) 3226 方程式
12月22日(土)。11時5℃。曇り。降水確率90%。→晴れ。最高10℃。
出勤時は激しい雨。晴れは望めない様に思えた。持ち直して日差しが嬉しい。

業者と電話。「雨が酷くて帰る車の中」。昨日に引き続き、今日もゴルフに向かうあたり見上げた根性。私らは先々週の雪で強制終了され、根性も萎えた。

若い人は良い。再起動も思うがまま。でも、反転した決断は早とちりか。
決断が早いのも若さの特権かもしれないが雨上がりを待つゆとりがあれば……

天気予報はあくまでも予報で狂うことはある。で、雨に遭っているのは事実。
客観的事実を受け入れ、行動に移すことに係数がかかわっている、とか。

その係数aがゼロから無限大だそうで、無限大は無視するとして、ゼロはゴルフに無関心な人。ゴルフ場に居たって、快晴に恵まれたってゴルフをする契機にはならない。ゼロはゼロ。少なくともゴルファーの係数はゼロではない。

係数aは脳内にあって、その関与により「雨だから中止」「雨降りだが上がるから待機」と分かれようか。人により係数aが+だったり−だったり。昨夜、読みかじった「バカの壁」の理解がこれで良いのでしょうか…… 人と違うのは当たり前。

人も変わるものだし…… 雪が降ったという事実を受け入れ、もはや係数aは−になっちゃったか。根性論でなく一次方程式で考えるのも面白い。

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.