ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2024/03/01 5122 忘れ物
2024/02/29 5121 目的地
2024/02/28 5120 宮古島
2024/02/27 5119 肩掛け
2024/02/26 5118 最新作

直接移動: 20243 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/03/28(水) 2957 予報士
3月28日(水)。今日もうららかな日和です。昨日の夜7時半頃のNHKのウエザーニュース。女性の気象予報士が「春は三日の晴なし、といわれるが東京は10日も続いている。これは50数年ぶりです」と語っていた。

メーンの女性キャスターも驚いた風で、東京のサクラの名勝をバックに、いつになく朗らかな表情をしていたのが印象的だった。
秋田も“三日の晴なし”はどこ吹く風と、あっけらかんとした快晴が続いている。

越冬する、とは聞いていたが、店の前の花鉢のビオラ。
日々生気を取り戻し、花色も鮮やかさを増しているようです。

雪に埋もれ、多分、直立もままならずぺしゃんこにつぶれていたか、と思う。零下の寒気にさらされ花色も失われ、細胞内の水分まで凍りついたのか…… 

それらに耐えうるだけのしなやかなシステムが、この小さな可憐な花に備わっていた、と思うと奇跡のように思えます。

たまたまFMから松山千春の「大空と大地の中で」が聴こえてきた。季節外れがテーマで、どういう脈絡で選曲されたかは不明だが、好きな歌なので聴き入った。

ビオラは♪野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ♪のフレーズそのもの。厳冬期の“こごえた両手に息を吹きかけて”もある。生命みなぎる歌だし花だな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.