ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年8月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記
2019/12/07 3576 記録性

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/08/26(日) 2108 昼花火
8月26日(日)。11時22℃。最高27度の見込み。降水確率90%。

台風の影響が懸念されたが、“大曲の花火”が無事行われ、観客を魅了した。

ここでも金農旋風が吹き止まず、午後6時10分には準優勝記念の200発のチームカラーの紫で統一された昼花火が打ち上げられた。音と光のページェントにふさわしく甲子園の大会歌「栄冠は君に耀く」が大音量で健闘を称えた。

数年前に桟敷席で鑑賞した。3尺玉打ち上げ時の腹に響く轟音と、切り裂くような衝撃波がもたらす空気感が何ともいえなかった。そして大音量の音楽……
ご他聞にもれず、最後のプログラムを見ないでの帰途だったが、振り返り振り返り、遠くになっていく花火が何となく物悲しく見えた。

県人にとって、竿燈祭り、甲子園(=今年のように長い年もあれば、一回戦負けで短い年もある)、お盆(=土用波)、この“大曲の花火”が、夏の気配を消す四大エポック。今年は甲子園と大曲の花火が合体、印象的なフィナーレに。

雨の日曜日。自分自身の熱さの耐性、それに僅かに残る洋芝の熱さの耐性への気遣いで、芝刈りを自粛してきた。今日こそと意気込んだら無情の雨……

お陰でアジア大会の女子マラソンを見ることが出来た。昨日の男子・井上大仁選手の32年ぶりの金に続く、今朝の野上恵子選手の銀。本当におめでとう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.