ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/17 3495 敵味方
2019/09/16 3494 御用邸
2019/09/15 3493 鵜呑み
2019/09/14 3492 利便性
2019/09/13 3491 一家言

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/01/15(火) 3250 青年祭
1月15日(火)。7時50分−2.9℃。晴れ。降水確率10/50。予想最高7℃。晴れのち雨。雪が降らない連休でした。

青空の下、晴れ着に着飾った大人に成り立ての皆様は、足元や吹雪で着崩れる恐れもなく、人生に一度の成人式を、晴れやかな気持ちで迎えたかと。

トレーニング中の朝、FMラジオで成人式は蕨市が発祥の地だと知った。終戦間際の空襲による荒廃の中、次代を担う青年達に希望を持たせ、励まそうと3日間の日程で行った「青年祭」が、全国に波及したのだとか。

大人への節目といえば元服だとか、徴兵制があった時代には徴兵検査とかが思いつくが、婚姻年齢が今よりよほど早かったことなどを考え合わせれば、20歳を一斉に祝う契機はなかったかと。歴史が浅いことに改めて驚いた。

戦地から帰った男性は国民服、女性はもんぺ姿で大いに励まされた、と市のHPにある。生き方や価値の大変換が起こる中、意義が認められたのは当然か。
昨今は余りに華美に流れたり、荒れる成人式があって、眉をひそめることも……

一方で阪神大震災、東日本大震災などの被災地の成人式に特別な思いを抱くのは、いわれを知れば当然のこと。素直に温かく見守りたい気持ちになる。

成人の日の昼食。トマトソースでなく「若者のアイドル」だったら良かったのに。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.