ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記
2019/12/07 3576 記録性
2019/12/06 3575 一丁前

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/10/31(木) 3539 会葬者
令和元年10月31日(木)。7時50分10.4℃。1時間雨量0.0mm。風4.3m/s。最低は2.7℃〜8℃。降水確率20/30。最高19℃。曇り。

秋田駅に向かう朝、ムクドリの群が空を覆うばかり。出し遅れたケータイに映ったのは遠くの空の朝焼け。「夜が白々と明ける、というのに真っ赤じゃねえか……」

白々とは夜が明けようとして、空が次第に白くなり始める様をいうので、時間帯が違うというのは、ネットで調べた後付。車の中では夜明け前の乳白色から黄金色に染まる経過が頭に浮かばなかった。何の矛盾もない、と気づくのが遅い。

ちなみに夕焼け空の茜色は知っていたが、朝焼けの曙色、東雲色という語彙は手持ちになかった。多分父母の世代ともっと会話があったら自然に出てきたか。
子どもの頃の好物に明がら寿(=あけがらす)と東雲羊羹があったな…… 

明がら寿は大館市の銘菓。パッケージには放射線の光を放つ旭日と、何羽かのムクドリならぬ翼を広げたカラスが描かれていた。もっと日が昇ったイメージか……

東京の葬儀は3回目。2回は身内で渦中にいた。秋田との運びの違いが意識できなかった。一般会葬者の目からは秋田の方がよほど形式的でドライだなと。

ご遺体と相対する覚悟がなかったというか。でも会えて出棺のお手伝いをした。
遺族と思いを共にするという意味では良いのか。秋田よりよほどウエットだな、と。

2019/10/30(水) 3538 駅そば
令和元年10月30日(水)。7時50分15.9℃。曇り。1時間雨量0.0mm。風速6.0m/s。降水確率10/0。最高18℃(昨日比+1.8℃)。

彼の下宿先の巣鴨まで山手線の初乗り30円。駅の立ちソバ(=カケソバ)1杯が30円。秋田での接点はなかったが、東京から濃密な付き合いが始まった頃のお値段を話すと、なんと昭和でレトロな……

たまに東京に行くと、駅に近くなると駅そばを目で探してしまう。そのころは造りも大袈裟でなく、遠慮がちに駅に間借りしたようなシツラエ。
半径何十メートル位だろう、生醤油っぽいかおりが漂って食欲をそそるし……

ソバ屋のオバチャンとカウンター越しに食うが、客が込み合ってくるとカウンターを離れ店に背を向けて、猫背になってかっ込むサラリーマンたちが、向き合って汁を飛ばさない微妙な距離感で食っていた。

存在感のあるごわごわの生ソバを、チャッチャッと湯切りをして東京流の真っ黒い出汁にドバッ。き揚げは少し疲れた油で揚げたので茶色がかっていて不整形。

そんなソバを期待しても叶わない夢、望むべくもない。川崎駅の駅ソバのシツラエは考え抜かれキレイ。壁に向かう椅子席、島状の衝立を立てた向かい合う立ち食いコーナー。麺は更科系のように白く細く、出汁は関西風の薄味系……
昔の感傷に浸りつつ腹ごしらえ。これから葬儀場に向かいます

2019/10/29(火) 3537 鳥かご
令和元年10月29日(火)。4時8度。曇り。降水確率10%。湿度72%。風速5m/s。予想最高気温21℃。晴れのち雨。暗いし寒い……

一昨日はラウンドでした。いつもの顔触れのお一人が欠席。私にとってだけの新人女性を交えてのラウンド。粗相があってはいけない。前日、会場になる秋田カントリー倶楽部の練習場はクローズ。昔通った鳥かご(練習場)に行くべきか。

鳥かごは実は良くない。前後に飛ばし屋に挟まれると負けじと力むし、自分と向き合うより闘争心に火が点く。飛距離の減退に悩む今、平静さを保てるか……
駐車して声がする窓を見上げると「お久しぶりです!! 」と、イロハから私に個人レッスンしてくれたレッスンプロ。心のバリアーが柔らかに解けた瞬間でした。

前は30代の飛ばし屋、彼には敵いっこない。後ろは大先輩でドライバーの正確なこと……そうなりゃ諦めがつき、自分の立ち位置も明確になるし、自分らしい自分に向き合えた。取り越し苦労が過ぎるのだ。

プロにフォーム診断をしていただいた。ダウンスイングで右肩のツッコミが早過ぎる、左側に伸び上がりがあるetc. こりゃレッスン時に指摘されたことと寸分違わない。進歩がなかったんだなと。しばらくスイングを見てもらいワンポイン。

その甲斐あって…… 「ショットがよかったね」と同伴者の褒め言葉の陰にはそんなことが…… 戻るべき原点があるのは幸せです。今日は東京で葬儀。

2019/10/28(月) 3536 受け皿
令和元年10月28日(月)。7時50分8.3℃。晴れ。1時間雨量0.0mm。風速3.2m/s。降水確率0/0。最高18℃(昨日比+0.3℃)。

ケータイの待ち受け画面は、鉛害騒動で閉鎖の憂き目に遭う前の県営射撃場での撮影なのでほぼ20年前。射台に立つ・凛・々・し・い後姿。

実際、年配のプーラー(=的の皿を打ち出す係)は「後姿だば国体選手だ」と褒められたが、その後がいけない。「だども当らねものな」。でも楽しめた。

オジサンではなく妙齢の若いオネーチャンプーラーに撮って貰った。
資格試験にも受かり地元に落ちるお金の受け皿にもなっていたのに。
閉鎖による地元に及ぼすマイナスの経済効果は相当なもんだと思うのだが……

鉛害の風評被害なるものは経済価値以上に農家意識が先鋭化すれば、科学的的数値とかが消し飛ぶほどの強烈な逆風になっちゃうもんだな、と。
それに近い事例を見聞きする度にもうちょっと冷静に、と思うのだが……

銃、射撃ベスト、イアーマフ、白黒のカッターシャツ、ラルフローレンのパンツ。全く20年前の佇まいと変わらないのだが……      ここは本荘射撃場

プーラーの大先輩のオジサンは私の県営射撃場での姿をはっきり覚えているとか。「いつもダンディーだもの」。これは現役ハンターだけに強烈な褒め殺しかと。

2019/10/27(日) 3535 渡り蟹
令和元年10月27日(日)。6時15℃。曇り。降水確率40%。湿度77%。風速5m/s。予想最高気温17℃。曇りのち晴れ。

即位礼正殿の儀の休日の昼食。久々のワタリガニのスパゲティー。つい昨年あたりには赤ワインを一杯などと呆けたことを抜かして、そのとおり赤ワインを……

今年から昼食時に飲むなどは、ゴルフのインターバルでのビール、それも遠方に完璧に物見遊山のゴルフでさえも飲まない。ゴルフ仲間は賛同する派と「命根性が汚いなぁ〜 」などの悪罵と共にあくまで酒道にまい進されるお方と……

まあ人それぞれ。それが料理であれ、ゴルフであれ、それは自分の人生。思うとおりに楽しめばいい。悪罵も本心でないことが見え見えなのも愛嬌です。

「若者のアイドルかなんかと思った??」。スパゲティーはシンプルなニンニクが効いたペペロンチーノ、ソーセージ、タマネギなど具材タップりの若者のアイドルなど。

たまたま前日、スーパーに生ワタリガニがあって決めたのだそうだ。ベースのトマトは缶詰、コンソメなどで味を調整するが、ワタリガニの旨みが存分に滲み出し。

さて身は…… カニ用のスプーンで胴体部分をかき出して…… 
これが殻ごとのワタリガニが混在するスパゲティーの醍醐味かと。
正殿の儀の厳かなニュースを眺めて手を止めつつ、穏やかにカニと戯れました。

2019/10/26(土) 3534 入り口
令和元年10月26日(土)。9時16℃。晴れ。降水確率10%。湿度81%。風速0m/s。予想最高気温20℃。曇り後雨。珍しい風速ゼロ。

今日は“アリバイづくり”というか、実績づくりのために射撃をしてこようと思う。
所持する銃で年間に1度も射撃実績がないと、県公安委員会では有用な銃でなく、世の中にあってはならない無用な銃と判断するようだ。

実績を積むように仕向けるし、実績がなくなるといわゆる眠り銃として、歴史上の刀狩のように強制力はないものの、処分を求められることになる…… 多分。

年一シューターになって数年経つ。そうすると、なぜ散弾銃を持ちたくなったのか、の原点に思い至るし、イアーマフを通して聞こえてくる発射音や肩に来る衝撃が人間本来の根深いところの意識(=狩猟本能)を刺激してくるというか……

近年、とみに野生動物による被害が世間を賑わす。それと併行してハンターの高齢化やら減少が巷間言われることになる。
当世の刀狩が成果を挙げていることと、締め付けのため難易度が上がった許可(=金額も相当かさむ)が、若者の参入を妨げている。

私はほんの入り口でうろちょろしているに過ぎないが…… 
ジビエ料理のための獣肉の解体施設ができたり、若手ハンターの誕生が散見する今、箸の上げ下ろしまで統御しようとする規制の緩和も進めて欲しい。

2019/10/25(金) 3533 秋野菜
令和元年10月25日(金)。7時50分16.3℃。曇り。1時間雨量0.0mm。風速9.9m/s。降水確率50/80。最高18℃。昨日比−4.5℃。

気温の上げ下げが大きい。これも秋故なのか。太平洋側では低気圧の東進の影響で大雨の怖れも…… 秋田もそれなりのようだが……

昨日の社食。変哲のないレトルトカレーが秋野菜・チキンカツカレーに変身!!

食欲を刺激してくれます。秋野菜といっても茄子の素揚げが何枚か、それにチキンカツが何切れか…… カツは数日前を含め夕食の余り物でないのは確か。惣菜で一人前を購入したものか、朝にサササッと揚げた物なのでしょう。

サラダのタッパーには休日の残り物の味の浸みたおでん種のさつま揚げ、イトコンの結んだやつがいい味を出していた。

またスープ代わりにはこれも名脇役の「松茸の味 お吸もの」。これは和洋中を問わず難易でもあって、主役を引き立ててくれる。欠かせない存在です。

欠かせないとりは彩りでもある紅ショウガ。カレーの辛味とは別のショウガの辛味が最終盤になって効いてきます。無味のナスで中和したりして……

オールシーズンのカレーも工夫次第で秋色に。そして食欲もそそります。

2019/10/24(木) 3532 誘い水
令和元年10月24日(木)。7時50分13.2℃。晴れ。1時間雨量0.0mm。風速2.4m/s。濃霧注意報。降水確率10/10。予想最高20℃。

今朝はぼわーっと温かい。きりっとした秋風の空気感とは程遠い。秋が行ったり来たりしているようだけど2歩進んで1歩さがる。そのうち風が白いものを……

作業着にしているラルフローレンのカッターシャツ。もともと継ぎはぎデザインで、そこが気に入っていたが…… なにが不便かというと胸ポケットがついていない。

最近のブランド物のカッターに胸ポケットがないのが主流なのかどうかは分らないが、全体に細身のシルエットになっているので邪魔物を排除しているのかな、と思っている…… もしかしてデザインよりコストカット!?

刈払機の騒音に対しては胸にケータイがほしい。作業の撮影にも欠かせない。最近思いついたのがポケットを着けてもらうこと。デザインが継ぎはぎなので、取ってつけた別の生地、色、柄でも違和感がないと思ったのも誘い水……

当初思ったのは襟、袖口がイカレでポアの対象になった白ワイシャツのポケットを思ったのだが、都合よく有る訳もない。それで女房の選択がこれ……

ブランドのロゴマークを出したものだから「下過ぎない!? 」。私は「大きすぎる」
ケータイより大きなタブレットも入りそう。大は小を兼ねるです。

2019/10/23(水) 3531 田舎臭
令和元年10月23日(水)。7時50分11.7℃。晴れ。1時間雨量0.0mm。風速0.7m/s。降水確率0/0。最高21℃。秋の過ごしやすい陽気。

「夏物が集まらなくて……」。クリーニング屋さんのオネエサンが嘆いていたそうだ。
暑さが続き、衣替えの10月に入っても夏物を着続ける人が多かったのだ。

私も「夏物で良いや」と、しばらくは夏物で通したが、さすが中旬頃にはその粘り腰も、通用しないというか“不可逆的な秋”の気配を感じ取ったというか……

そして今朝のネクタイ選。約半年くらいはしてなくて、下に下にと追いやられた秋もののブラウン系のネクタイを発掘しようと、四苦八苦していた。「秋色というものがあるね」などとやっと引っ張り出したブラウン系に「田舎臭い」と言う女房でした。

そんな一幕があって会社に来ると花鉢が衣替えをしていました。休日の昨日に入れ替えをしたのでしょう。夏の間に色んな花が咲き誇って、秋口に枯れ落ちて色も褪せ、寂しげな鉢が、一気にビオラ(=多分)で華やかに。

ビオラは例年、越冬する花として重宝されていて、真冬には色とりどりの花の上に綿帽子をかぶって、ある意味不思議な光景を演出してくれる。

また今年の越冬準備が始まったのだなと。
もう巻き戻しはないのだ。11月まで10日を切っちまった。

2019/10/22(火) 3530 洗い物
令和元年10月22日(火)。9時16℃。曇り。降水確率40%。湿度70%。風速5m/s。予想最高気温19℃。東京は雨のようです。

今日は天皇陛下の即位礼正殿の儀。身近のカレンダー、手持ちの手帳には祝日の赤で印刷されてなくて、つい先週あたりまでは祝日であることを知らず……

たまたま、というかいつもというべきか、前もっての約束もなく仕事も入ってなくて、ごく普通の出社態勢でいた。こちらから持ち掛けて「休みだで!!」とからかわれて、「ええっつ!! 本当!?」と恥をかくこともなく……

私以外は多分皆様ご存知だったでしょう。私にとって降って湧いた祝日。
心穏やかにTVを見つつ、ご即位を寿ぎたいと思います。

先日の社食。レトルトカレーをだし汁など様々な調味料を駆使して滑らかにしたカレーうどん。豚肉が新加入、ビーフカレーのビーフと喧嘩することもなく……
とろけたタマネギと、新たに投入されたタマネギ、長ネギともよく共存して……

右の小鉢はちょっとの間、オカラをヨーグルト、バナナと混ぜていた名残りの小鉢。オカラダイエットはどうも根付かず、ただバナナを刻み込むのに便利なので、それ以来小鉢が必須です。で、女房には洗い物一つ増やすことになりましたが。

今日は一日中雲に覆われそう。一日中穏やかに、ご即位を寿ぎたいです。

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.