ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/30 5212 不寛容
2024/05/29 5211 人間様
2024/05/28 5210 在来種
2024/05/27 5209 松枯れ
2024/05/26 5208 回覧板

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/10/31(木) 3539 会葬者
令和元年10月31日(木)。7時50分10.4℃。1時間雨量0.0mm。風4.3m/s。最低は2.7℃〜8℃。降水確率20/30。最高19℃。曇り。

秋田駅に向かう朝、ムクドリの群が空を覆うばかり。出し遅れたケータイに映ったのは遠くの空の朝焼け。「夜が白々と明ける、というのに真っ赤じゃねえか……」

白々とは夜が明けようとして、空が次第に白くなり始める様をいうので、時間帯が違うというのは、ネットで調べた後付。車の中では夜明け前の乳白色から黄金色に染まる経過が頭に浮かばなかった。何の矛盾もない、と気づくのが遅い。

ちなみに夕焼け空の茜色は知っていたが、朝焼けの曙色、東雲色という語彙は手持ちになかった。多分父母の世代ともっと会話があったら自然に出てきたか。
子どもの頃の好物に明がら寿(=あけがらす)と東雲羊羹があったな…… 

明がら寿は大館市の銘菓。パッケージには放射線の光を放つ旭日と、何羽かのムクドリならぬ翼を広げたカラスが描かれていた。もっと日が昇ったイメージか……

東京の葬儀は3回目。2回は身内で渦中にいた。秋田との運びの違いが意識できなかった。一般会葬者の目からは秋田の方がよほど形式的でドライだなと。

ご遺体と相対する覚悟がなかったというか。でも会えて出棺のお手伝いをした。
遺族と思いを共にするという意味では良いのか。秋田よりよほどウエットだな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.