ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記
2019/12/07 3576 記録性
2019/12/06 3575 一丁前

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/08/09(金) 3456 開拓民
令和元年8月9日(金)。7時50分27.9℃。曇り。降水確率50/20。予想最高気温30℃(昨日比−2.7)。天気変わりやすく、強い雨に注意。

朝起きると、隣の畑にオーナーのオバチャンが一人。朝採り野菜のお礼のチャンス。女房がお礼の品を持ってオバチャンにお礼に行く。そして何気ない会話。

ここに来る前に玄関先に置いたか、帰り際に置いたかは不明だが、玄関先にはエダマメ、トマト、ミニトマト。見事に物々交換が成立していました。

ここに家を建てて22年。隣の畑の方々との交流はその2年前。ニセアカシアの“密林”だったここに四駆のパジェロで乗りつけた変わったオッサンが、一人で伐採、伐根する様をじっくり見ていたオバチャン達やその旦那さん達。

時々、女房も顔を出した。皆が荒地の変遷の当事者であるような開拓民的な仲間意識が芽生えたというか、土を愛する者同士の信頼というか……

カラスの巣を叩き落すオジチャン達のヤンチャな振舞いを心配そうに見上げるオバチャン達。語り合わなくてもお互いの基盤が共通で分かり合っていたというか。

たまに交わす会話。年に数回ということであっても、取りとめのない話だけじゃないことも。そんな話が出来るのもこれまでの長い信頼があってのこと。検診でガンが分ったとか。幸い早期発見。口調は落ち着いていたそうだ。蹴散らしてほしい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.