ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/20 3651 部屋着
2020/02/19 3650 相手先
2020/02/18 3649 潜在的
2020/02/17 3648 透明感
2020/02/16 3647 煮込み

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2020/01/17(金) 3617 心臓部
令和2年1月17日(金)。10時10分5.8℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速6.5m/s。晴れのち曇り。日照時間54分。積雪深0cm。

昨日はマンションのボイラー交換だった。300uほどで7台分の駐車スペースの融雪のための熱源です。異常燃焼を起こしたのが昨秋。交換に漕ぎつけた。

外置きの変哲のない立方体。そくっと交換だった。そこで加熱された不凍液がパイプで循環する。ボイラーが心臓部であって肝だが、不凍液が血液だとして、それが通る延長〇×▽mのパイプが血管。システムが命をつないでいるのだ。

パイプはコンクリートの下なので、どっかで漏れがあっても、多分その箇所はコンクリートを剥がなきゃ探し出せない。だから血管の欠陥はほとんど致命的なのだ。

まあ今回はボイラーの故障、目視でも分かったから良いのだが……

寒い中での作業。ボイラーのメーカーさん、その下請けさん、担当業者が5人で対応。試運転を行い、パイプ内の圧力、いわゆる血圧が正常であることを確認して作業を終えた。3時頃、温かい缶コーヒーで暖を取ってもらいました。

パイプは強化プラスチックでスペック通りであれば血管年齢は大丈夫だとか。
心臓が新品になって血圧も上がりそう。しばらくは経過観察で血圧の具合を観察する。私も朝晩には血圧測定…… 人間並みであるな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.