ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/28 3688 入門編 
2020/03/27 3687 進行形
2020/03/26 3686 蕗の薹
2020/03/25 3685 得意技
2020/03/24 3684 縁取り

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2020/03/26(木) 3686 蕗の薹
令和2年3月26日(木)。9時40分9.9℃。降水量0.0mm/h。
風向・西南西。風速5.7m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

今年食った山菜は山形産のウルイ、藤里産シドケ。いずれもスーパーで調達。
栽培物なのか、ジッチャンやバッチャンが山に分け入って採ってきたかは不明。

ウルイ、シドケの清潔感あふれる育ち様、揃ったサイズ、細目で野生感が乏しいので栽培物!? シドケはあまりの雪不足、暖冬で早々顔を出したのか……

一時は東京都の伊豆諸島の利島のシドケが春の便りをいち早く届けてくれていたが、今年はスーパーで見つけられなかったようです。利島産は山の傾斜に生える自生で、霧深い風土に根差した独特の苦みが特色だったのに、と思うが……

いつも届く、山ガールご夫妻からの春の便りがない。
ご高齢になられたことは重々承知しているが、山に分け入らずとも散歩ついでのバッケ(蕗の薹)やらアザミぐらいは、などと思うのはあまりに身勝手か……

「ちょっと摘んでみた」という声も聞きたいし。あまりに厚かましいか……

スーパーのバッケです。天ぷらとバッケ味噌です。薄味のダイコンにつけて風呂吹き大根風に食べるもいいし、アツアツごはんに常備菜的に…… 
やはり知った人の手になるバッケの方が箸が進むというか……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.