ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/08 3790 一歩先
2020/07/07 3789 見切る
2020/07/06 3788 待機中
2020/07/05 3787 置き配
2020/07/04 3786 駄洒落

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2020/06/30(火) 3782 上半期
令和2年6月30日(火)。10時10分22.6℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.3m/s。曇り。日照時間0分。積雪深……cm。

上半期の最終日。朝練中にFMから耳慣れない若い女性の楽曲。MCによると今年上半期の振り返りで、最も流行った曲の1曲だとか。ついていけない!!

それとなく考えると今年の1月1日の「ひとこと」の通し番号は3601回。切りの良いスタートだったし3日にゴルフを予約する程年越しは雪無しで穏やかだった。

残念ながら3日は積雪でクローズ。その後は一進一退だったが26日には氷上にボールがとどまるなど厳冬期のゴルフを満喫したし、続く2月、3月もラウンド。もはやオールシーズンでゴルフが楽しめる地域の仲間入りしたのか、と。

暖冬で穏やかにゴルフの話題で滑り出したのだったが……

新型コロナウイルスの「ひとこと」での初出は3月17日。タイトルは「三条件」。
今でいう”三密”のコト。ゴルフに絡めて「行き場を失った人々が集うゴルフ場が、三条件に最も遠いかも」と、ずうずうしくも書いていた。

全国的にもゴルフ場がクラスターになったということを聞かない。初めの頃は「正しく恐れる」というまともな心構えが強調されたはず。危機を煽るような言説があふれて異常に身構えるようになっちゃって…… 冷静に振り返る必要がありそう。

2020/06/29(月) 3781 粗忽者
令和2年6月29日(月)。9時50分20.9℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速5.4m/s。曇り。日照時間24分。積雪深……cm。

ラウンドするときには眼鏡をかけない。スコアを記すくらいは裸眼でも大丈夫、コンペの成績表についても何とか読める。ただパッティングラインを読むについてはセンスはないし、そのためだけに眼鏡をかけるのはどうも……

ラウンドの際は、ほぼ毎回、押さえの意味をも込めてスタートホール等を撮る。晴れているのに画面が暗い。何かがおかしい。確認しようにも手元に眼鏡が無い。

撮影モードから通常に切り替えるボタンを何度か押した。帰り支度で携帯を確認すると「あれ!! 電源が切れている」。電源ボタンを押しても回復しない。

寿命!? タイミングよくスマホデビューを後押しする事態が起こったか…… 

ケータイショップに駆け込むと、撮影モードを遮断するボタンと電源ボタンが同じ。つい長押しをして電源を切ったようだ。ただ電源を切った意識はないし、眼鏡もなく慌てていたのでマナーモードボタンを電源ボタンと勘違いしたようだ。

とんだ粗忽者ですが、ショップの女性から耳より情報。同じ番号でスマホとケータイを両刀使いできるとか。その間に「ひとこと」の画像問題を解決すればいいし。
7月2日にスマホデビューです。勘違いも結果オーライ!!

2020/06/28(日) 3780 交友録
令和2年6月28日(日)。6時30分20.1℃。降水量0.0mm/h。
風向・北西。風速1.2m/s。曇り。日照時間0分。積雪深……cm。

「本当に1年とも言われないよ!! 」。私より数歳上の司法書士さん。若いころ没頭していたゴルフを数年前に再開した。私らとのラウンドに物足りなさを感じたか、ゴルフ交友録を広げてかなりの年間ラウンド数を稼いでいる。

今シーズンはそうでもないとか。「カート無しではラウンドできなくなった」

で、頭書の言葉である。つくづくおっしゃっていた。空手の有段者でもあり、鍛錬も欠かさなかった彼の言葉。「疲れが残ってどうしようもない」

彼は70歳を過ぎるとシルバーティーでラウンドし、レギュラーティーでは感じることのなかったスコアの充実感が、ラウンド数の原動力であったようだ。頻繁に80台で時折70台も。話の端々からこぼれる自信と満足感……

昨年の会話を思い出す度に、この変容ぶりに驚くばかりでした。それが私に対するさとしでもあるのだが…… これは女房が休みの日のチャルメラです。

時として「1日とも言えないな」と思う日も。1日の疲れがとれず、日に日に疲れが積み重なってどんどん疲れが酷くなる日々。それを断ち切るためには…… 
リフレッシュのための週一ゴルフが、体が休まる日を奪う現実。何とかしなきゃ。

2020/06/27(土) 3779 日照り
令和2年6月27日(土)。10時20分22.0℃。降水量0.0mm/h。
風向・南西。風速5.9m/s。曇り。日照時間0分。積雪深……cm。

「ヒデリノナツハオロオロアルキ……」。私の心境です。
これは宮沢賢治の「ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ」のうろ覚えを良いことに、リズム感から勝手にこのように口ずさんでいます。

洋芝のトールフェスクスパイダーの種を播いたのが14日。いつ芽が出るか、いつ芽が出るか、と出勤前に目を凝らしたこの2週間。そして無情にもカンカン照りが続く日もあって「ヒデリノナツハオロオロアルキ……」と気もそぞろだったわけで……

日照りの中での散水は水がお湯になるので厳禁。家の影に入る夕刻に、会社帰りに散水することもあったし、夕食後、暗闇の中での散水もあった。

洋芝の種の発芽時は針先のような細くて鋭い先端がすくっと伸びてくる。それが本当に細くて小さくて見えにくい。見落としもあったろうが「ちょっと遅くね!? 」

数日前から芽の群生が…… ここは書斎の軒下。傾斜があって水はけが良過ぎて困った個所。そのため手作りの散水パイプが敷設してある、そしてそれを挟んで針の群生が…… 今度はこんな密度で共倒れするのでないか、と。

「這えば立て立てば歩めの親心」とはいえ、心配は尽きないのです。

2020/06/26(金) 3778 茹で麺
令和2年6月26日(金)。9時50分19.3℃。降水量4.5mm/h。
風向・東南東。風速4.2m/s。雨。日照時間0分。積雪深……cm。

1週間ぶりくらいの20℃割れです。
夏日超えが連日だったので涼しささえ感じられて、エアコンは停止中です。

いつぞやの”ぶっかけそば”です。温麺が好きな私としては、冷麺への切り替えには少なくとも午前中で夏日超えが最低条件かな、と思っています。

日赤が千秋公園の中土橋付近にあった90年ころ、3月から90日間、整形外科病棟に入院していた。暑い盛りにあけ放った窓外を見つつ、無性に病院前にある蕎麦の名店の”ブッカケソバ”を食いたくなったものだ。

松葉杖で外出するか、それともコロナ禍で脚光を浴びたテイクアウトにするか。
女房がどんぶり持参で調理してもらい、それを風呂敷に包んで…… 相部屋の入院仲間を尻目に病院食ではない、娑婆の味を一人で堪能したものでした。

蕎麦屋のソバは細い更科(=多分)。社食はスーパーで購入した茹で麺。
なんかごつごつした感じで「乾麺の方がおいしいね」に、全く同意します。

消毒液の匂いと”ブッカケソバ”。決してお勧めはできないし、これからも味わいたくないが、”ブッカケソバ”を食べる度にスキーで骨折した左膝がうずきます。

2020/06/25(木) 3777 無邪気
令和2年6月25日(木)。9時30分22.1℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速6.2m/s。雨。日照時間0分。積雪深……cm。

日曜の夕方。近所の女の子たちがボール遊びに興じている。その中で仲間に入れてもらえない幼い子がスプリンクラーの水しぶきを遊び相手にしゃがんでいる。

「ライ麦畑でつかまえて」に例えるのは何だけれど、ビーチボールがスプリンクラーの雨の範囲に入ると、水しぶきをものともせず颯爽と駆け足でボールを取りに行く。

遠くで散水している私をチョイ見して、それも裸足で……

こっちがびっくりです。「危ない!! 」と声を出しそうになったが、これが「入るんじゃない!!」的に捉えられるのは本意でないので、叫ばないで良かったと思うが…… 仮に足を傷つける何かがあったとしたら…… 冷や冷やものです。

何度も刈払機、芝刈機を動かしているので、危害を及ぼす異物はないはずだが…… いずれ子供は無邪気で、危険に対する感度は低いな、と思うし、その分カバーしなきゃならないのだな、と。

コロナ自粛ムードも解消に向かい、子供達の歓声が戻ってきた。そして疲れを知らずに遊び転げている。彼女らには良質で深い睡眠が待っていると思うと、超絶羨ましい。この年で疲れが残るのはどうしようもない。まずはビール誤魔化すか。 

2020/06/24(水) 3776 許容度
令和2年6月24日(水)。10時10分28.3℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速5.3m/s。晴れ。日照時間58分。積雪深……cm。

元の会社の先輩・同僚らとの飲み会です。コロナ禍もあり昨年の12月25日以来だから半年ぶり。「今年やったんでねが!?」。万事が年相応でゆるいです。

これがソーシャルディスタンスであり「3密」防止への備えか……

記者上がりだけに「拘置所みたいだな」「どっちが内側だ」「小穴が円形に空いていたら3密防止にはならないな」とか…… とって付けたアクリル板に、使い回すには消毒が欠かせない以上、清浄に保てるのか…… かえって不安がよぎる。

「ガラケー型のスマホだが?? 」。早速いじられた。この年代でももはやガラケーは絶滅種。少し前は、ちょいと偏屈さを演出する小道具的な感もあって、「こんな人もいても良い」ぐらいに社会の許容度があったように思っていたが…

最近は同調圧力が強いというか、刺さる感じが何とも痛い。実はガラケーが手放せないのは「ひとこと」に張り付ける写真サイズが決まっていて、高密精細なスマホ写真を張り付けようとすると容量オーバーで拒絶される、という事情が……

親しいシステムエンジニアに方策を考えてもらっているが妙案がなくて……  
次の飲み会は盆明け。それまで課題をクリア、スマホデビューできるか……

2020/06/23(火) 3775 不織布
令和2年6月23日(火)。9時50分25.8℃。降水量0.0mm/h。
風向・南南西。風速1.4m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深……cm。

「あまり変わんないですね」。日差しの中フロアマットを交換に来たダスキンの女性に、エアコンの効き具合を尋ねた。調子が悪いことを裏付ける一言だった。

「フィルターの掃除してますか?? 」。「全くしてない!! 」。夏は冷房、冬は暖房と端境期を除いて大活躍。それも開業して10年はメンテナンスフリーだった。「なんなら私どもがクリーニングしますが…… 」。営業も忘れていなかった。

フィルターは簡単に外せるそうだ。外して驚いた。ほこりが不織布のよう……

外国人が驚く日本のことわざ、というラジオCMがある。「塵も積もれば山となる」には、若い外国人女性の「何でそんなことすんの!!」と合いの手が入る。
山とはならなかったがメッシュにしっかり5mmの厚さでほこりがへばりついていた。

開業以前も含めれば10数年の塵の蓄積か…… 
CMは「日本人は意外とチャレンジャーだ」でまとめられるが、私らも無頓着に過ぎるかもしれないが、意外とズボラなチャレンジャーだったかも。

不調の原因は取り除いた。すると長年の鼻詰まりが一気に解消されたように、吹き出し口からのエアーの勢いが違う。秘技“10年殺し”が頭をよぎったが……

2020/06/22(月) 3774 生兵法
令和2年6月22日(月)。11時10分27.3℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速6.7m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深……cm。

まさに生兵法はけがの元−であったか…… 昨日の秋田カントリー倶楽部でのラウンド。鳥海山コースのスタート1番で、ドライバーが当たらず2打目もバンカー。いろいろあってダブルパーの8。今日も終わったな。

と思いきや、ロングでスリーオンこそしなかったが惜しいパーパットを外した。

なんのことはない。ここのところ厚く高く立ちはだかっていた100の壁を難無くぶち破ったのだ。ドライバーで悩み、ネットで見た渋野日向子流の前傾で、手首の曲がりを意識したフォームに微調整したことがあった。

それが災いの元であったのだ。女性と男性、ジイサンと孫ほどの年の差、柔軟性、可塑性などなど上げればきりがない程の差を考えすに「ちょっと見習ってみようかな」と思う身の程知らず……

最近はそこら辺に気付いて、以前の前傾が極端でないフォームに立ち戻った。

それと飛ばす意識を消すこと。大きくゆったり振って、距離は稼げなくともフェアウエーキープ。自ずと道は開けるのだ。こんな悟りを、何度経験したことか。こんなことじゃ「ゴルフだけはうまいジジイ」の道ははるか遠い。まだレギュラーで頑張るし。

2020/06/21(日) 3773 樽詰め
令和2年6月21日(日)。15時00分23.8℃。降水量0.0mm/h。
風向・北西。風速5.1m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深……cm。

昨日、バーべキューへの思いを何気なく書いた。実は一時期、ランド後に同伴者4人に知り合いの女性1人を交え、“大反省会”を頻繁にしたものです。

役割分担として私は設営、火起こし、焼き物管理という役回り。女房は食材の買い出し、ぶつ切りの牛肉や野菜の串刺し、イカやホタテ、魚の下ごしらえ、食器やコップの支度など…… それでなくとも1ラウンドをこなしての準備作業。

疲れた体に鞭打って、帰宅後すぐに刈払機や芝刈機で芝を整え、自作のバーベキュー用のテーブルを出し、椅子をセット。女房はキッチンにこもりっきり……

夕刻、会費のワイン1本を携えてラウンド仲間が集まり、時に持参した新鮮なイカで即席の塩辛を作る手業を見せたり…… 生ビールの樽詰めがいくつ空いたろう。そして手持ちと会費のワインが夕闇にしっかり吸い取られていきました。

青春真っ盛り、ではなく50代半ばから後半。まさに壮年真っ盛りだったか。

バーベキューをするにもかなりの体力が…… そして女房の力業も欠かせない。ちょいとハードルが高くなってきた。それでなくともスーパーの弁当の回数が少し増え気味。年齢のせいも大いにあるのかと…… 久しぶりのビビンバ弁当でした。

6月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.