ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2021/12/08 4308 重い腰
2021/12/07 4307 お馬鹿
2021/12/06 4306 早起き
2021/12/05 4305 味比べ
2021/12/04 4304 板挟み

直接移動: 202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2021/11/30(火) 4300 ご法度
令和3年11月30日(火)。9時50分12.1℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.8m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深0cm。

現在の気温は12.1℃。予想最高は15℃も超えそう。出勤時の我が家です。冬支度もほぼ完了、それを表現したかった訳でなく、とてもこの光景に旅情を掻き立てられたからのワンショットでした。

女房は女房で「今シーズン最後のゴルフ日和かもね」。

イヤイヤ私は欲たかれ。毎週末に予約は入れてるし、幸運に恵まれればこれ以上のゴルフ日和にプレーできるのではないかと諦めてない。

旅情は2019年のコロナ禍以降、帰省や県境越えばかりでなく、もちろん東京経由で国内を巡るゴルフ旅行もご法度になって、閉塞感あふれる日常だった。最近の感染激減を受けて旅情がムズムズと……

県内のラウンドはほぼ例年通りだったとしても、旅情あふれるゴルフ遠征はまた別格。それも来年2月上旬の南国・鹿児島の2泊ツープレーのゴルフツアーの新聞広告を見たひにゃ〜〜

いつも同伴の女性は「行こう!!行こう!!」。全員の意向確認を始めようとすると、ホームページには定員に達したとの冷酷な文言。掻き立てられた旅情は収まりません。南房総のラウンドを企画します。

2021/11/29(月) 4299 仕込み
令和3年11月29日(月)。10時00分6.4℃。降水量0.5mm/h。
風向・南東。風速3.8m/s。曇り。日照時間4分。積雪深0cm。

昨日は秋田CCでラウンド。週半ばは雨、強風の悪天候。予報は傘マーク、曇り傘、曇り晴れと徐々に好転してきました。晴れ予報に気を良くしての集合でした。しかしスタート直前にお天気雨……

風花が溶けて雨粒になったかと。見上げると青空が広がっていた。

冬独特の気象現象でしょうか。変わり易さも特徴。時々翳って来るとパラパラと雨。私の場合頭皮を直撃するのですぐ傘の準備に走るが、女性陣は意外と鷹揚。ニット帽をか被っているお陰のようだ。

鳥海の1番はボギーで順調。2番ロング、打ち上げは苦手なので難コース。引っかけ気味になるので少し加減すると大プッシュアウト。1打で林から抜け出せるロケーションに関わらず木こりやバンカーイン……

いつもの「あーすりゃよかった」の与太話です。定義は「出まかせのつまらない話」「でたらめの話」なので必ずしも当てはまらず、むしろドジ話と言うべき失敗談。でもそれを敢えて晒すのだから……

他に「内容に乏しいつまらない話」という用法もあるし…… この与太話は、いつかゴルフの上手いジジイになった時の仕込みと思し召しを。

2021/11/28(日) 4298 前処理
令和3年11月28日(日)。6時40分1.9℃。降水量0.0mm/h。
風向・東南東。風速2.0m/s。晴れ。日照時間0分。積雪深0cm。

この日は寒かった。時折、激しく雨も降ってきた。天気予報では切れ間なく斜めの大傘マークだったのですから…… それでも天気予報とは裏腹というか、雨の止んでいる時間の方が長かったようです。

当初予定していた雪吊り、防雪網の設置作業は、ほぼ完了かと。

防雪網では、初めて前処理を施しています。自分の剪定の至らなさでしょうか、枝が意味なく横に張り出したヤツを締め上げて、幹側に荒縄で絞り込んでいます。その箇所は5〜6カ所……

かなりコンパクトになった枝は、仕上げの網をかけて絞り上げるのも楽に。仕事は準備が8割とはよく言ったものです。時間も短縮。特に脚立の上部での力を込めた時のバランスの危うさはスリル満点だった。

年に見合った危険の除去といった意味合いもあったかと。

年を取って手の皮膚が分厚くなったのか…… いつもウレタン手袋を指先を切って使っていたが、全て素手で行いました。何故か…… 手先の動きに繊細さが無くなり、素手でないと作業能率が上がらないからでした。今も葉や枝とこすれた手の甲が、血がにじんでヒリヒリ……

2021/11/27(土) 4297 雄叫び
令和3年11月27日(土)。12時40分6.1℃。降水量0.5mm/h。
風向・北北西。風速1.1m/s。曇り。日照時間3分。積雪深0cm。

スマホの同機種の交換の手順は、ドコモショップのお姉ちゃんのサポートを受けつつ、私がケータイ保障サービスセンターに電話。後日、新スマホの発送を受け、それをショップに持ち込みデータを移行しました。

同梱の手引書に従って、本人がデータ移行する建前のようだが……

勿論のこと無理無理。トランプの神経衰弱どころの話じゃない。どんどん追い込まれて挙句は英語のプルダウンなんかが出てきて、アテ勘で「エイヤッ!!」と、清水の舞台から決死のダイブのハメに……

白魚ちゃんの細い指に頼り切っています。でも本人がアドレス、暗証番号を打つ場面が度々出て来る。その際はキーボード並びの文字盤を出してくれるのですが、何せ、白魚には程遠い無骨な指先……

あるアルファベットを押したはずが…… 隣を打ち込んだりして…… もどかしいお姉ちゃんが、ピクッと指を動かす仕草が何とも微妙でした。

「文字を大きくできますが……」。楽々ホンのことか!? 余計なお世話じゃ!! 年寄り扱いするんじゃない!! 内心の雄叫びでした。まあ何ごともなく…… 旧スマホ返還にあたりデータ消去で完了。

2021/11/26(金) 4296 致命傷
令和3年11月26日(金)。10時00分6.4℃。降水量0.0mm/h。風向・西北西。風速10.2m/s。曇り。日照時間11分。積雪深0cm。

「いつヒビが入ったかは分からない」「ヒビが広がって目立ち始めて気付いた」。ドコモショップのお姉ちゃんに、要領を得ない説明をしていた。

正にその通りで、スマホを落としたか、ぶつけたか……

衝撃を与えたことは確かで、その瞬間の直後には起動させて、何らかの操作をして正常に作動したことを確認したはずだし、アバウトに外観チェックもしたはず。そんなことはかなりの頻度で起こるので、致命的な衝撃を与えたのがいつだったかは分からない。フィルムを剥ぐと……

「硬いものにここが当たったんですね」。確かに本体の左側の角に白く欠けた部分があって、そこを起点に反対側までヒビ。現認してかなりの衝撃が想像されたが、そんな衝撃を与えたことあった??????

「皆目見当がつかないなぁ〜〜 」。全くもって面目ありませんでした。

保険に入っていて助かりました。予約をする際の説明では、2週間ほどの入院加療が必要で、代車(仮のスマホ)が貸し出される、まずい展開が予想されたが……  同じ機種と交換(=有料)とうことで、お姉ちゃんの白魚のような指でデータ移行のサポートを受けています。

2021/11/25(木) 4295 規格外
令和3年11月25日(木)。10時00分9.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速6.4m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

休み明けの22日の弁当でした。土に鶏の唐揚げを揚げていて、皿盛りで食べたのは一部で、数個が新聞紙の上で油切りされていたので、てっきり月曜の弁当のおかずになるのだなと……

鳥カラの欠片も無しです。いつもと違う、初めてパターンで塩ジャケの切り身の極限まで小さなミニチュアサイズの焼き物がごはんの片隅に。

毎朝、納豆と塩ジャケ、ホウレンソウ等の青菜、梅漬け、海苔は必須。手間の掛かる塩ジャケは何枚かの切り身を、さらに切り分けた一口サイズの何日か分を焼いている。規格外が紛れ込んだようです。

紛れのない塩ジャケ。これは鮭弁当である。それに蟹の剥き身。名付けて“鮭蟹弁当”であるかと。まあ蟹はフェイク。いわゆる蟹カマで、最近は彩りに良いし、生来の蟹好きであるので重宝しているようです。

休み明けの月曜は土日の名残り弁当ですが、まあ大変だろうな、と。

主菜は秋刀魚の蒲焼き缶詰。その上はオイルチキンに土曜に食べ切れなかった冷凍枝豆の豆を混ぜた和え物、それに野菜サラダ…… 鶏カラは無かったが、やはり土曜の名残りが潜んでいました。

2021/11/24(水) 4294 職人的
令和3年11月24日(水)。10時20分6.7℃。降水量7.0mm/h。
風向・西北西。風速7.0m/s。曇り。日照時間2分。積雪深0cm。

昨日は地方紙の朝刊の社会面に「県内きょう大荒れか」という見出しが立つほどの悪天候が予想された。TVの3時間予報のビジュアルは全て大傘マーク。女房から「大傘が傾き横殴りになったよ!!」

数週間前からこの日はゴルフも入れず、自宅の庭か、マンションの雪吊りに決めていた。この日を逃しては貴重な日曜、それも冬晴れというか小春日をラウンドじゃなく冬支度に費やさなければならない……

何としても今日、やり遂げなきゃいかん!!!!!

全傘マークに関わらず朝起きると日差しも…… しっかりオーバーズボン、防寒具、ニット帽をかぶりいざ出陣でした。こんな風に明るい空だけではなく、時折予報の“大荒れ”を彷彿とさせるザーザー降り……

カーポート作業は屋根があるので凌げるが、即座に退避でした。

こんな風にパネルで壁を作り、上部は青色の網で雪の吹き込みを防ぐ…… 何回繰り返したろうか。毎年、毎年、同じ作業の繰り返し。その中でも創意、工夫はある。時間短縮やら見た目も綺麗になったり…… 職人的な感性が磨かれるというか……

2021/11/23(火) 4293 深紅色
令和3年11月23日(火)。9時00分7.3℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速3.7m/s。曇り。日照時間13分。積雪深0cm。

今年は暖かい。雪も降らない…… そんな中で雪吊りをするなんてここ数年は無かったような気がする。なんやかんやで12月初旬に雪吊りがずれ込み、ミゾレの中で指が凍える程冷たく……

泣きたくなる程で、涙か鼻水か分からない液体がズルズル落ちるし。

やっと雪マークが今週半ばに見え始め、それでも寒さはそれほど厳しくもなく余裕の雪吊り作業でした。手前の深紅色のベルベットのような質感はドウダンツツジ。その隣のくすんだ色はツツジなのかサツキ……

午後2時作業開始。ここは2本ですが、ツツジ系が18本、小さなオンコ1本、それに全体を細くしようと企んで荒縄で緊縛中の株立ちのアオキの2株。新たな雪吊りと、緊縛中の荒縄の交換です。

驚いたのは前のシーズンにマスターした“男結び”が出来なくなっていた。覚えているかどうか、復習しようかと思っていた矢先、実際荒縄を手に木に向き合えば、手が覚えているだろうと楽観していました。

残念!! お粗末です。ただ雪吊りの結束方法に“棒結び”を使っているし、いろんな結び方を知るのが憧れの職人。また学び直しです。

2021/11/22(月) 4292 習熟中
令和3年11月22日(月)。10時40分14.6℃。降水量0.0mm/h。
風向・東南東。風速5.6m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

昨日は秋田CCでラウンドでした。前日までショットセンサーを使って、ドライバーがスートスポットをとらえているかどうかチェックしなくちゃいけないような不安定ぶりは如何なものか、というレベルなのですが……

購入1カ月。“習熟していない”の言い訳が通用するのかどうか……

毎日スイングすることで、同じスイング軌道を体に覚え込ませようとしているのですが、寄る年波が…… まだまだ言い訳はしたくないし、昨日はラストコール杯でしたが、レギュラーティーで回ったし……

前日、私の元の会社から秋田CCに出向中で役員になった後輩が昼休みに練習場に。大学でゴルフ部だったという彼はスイングも玄人はだし。機会があればワンポイントなどを聞いていた。そこで質問……

ドライバーを打つ際、ヘッドを地面から浮かすとフェース面がシャットになって良いか? という点。「意識したことないけど、確かにそうだな」。

次の日は成り行きでシャットに構えた。仲間は「飛距離は伸びたし相性が良いのよ!!」とべた褒め。時折の失敗は「あまり意識すると整理がつかずスイングも崩れるよ」と言う彼の言葉のそのものだったか。

2021/11/21(日) 4291 逆方向
令和3年11月21日(日)。6時40分℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.1m/s。晴れ。日照時間0分。積雪深0cm。

これは商品名ショットセンサー・ドライバー用。フェース面に貼り付けて球がスイートスポットに当たったかを確認するカーボン紙のようなもの。

ホワイトヘッドの中古ドライバーを買ったり、試打用クラブに多用した。通常いわれるヒール部分に当たればどっちとか、トーに当たればその逆方向とか、なかなかゴルフ理論通りにはいかないのが私なので……

これは今日使った4枚にうちで一番打球がバラケたパターンです。

1球ごとに張り替える、という不経済な方法を推奨していて、14ショット分とパッケージに書いてある。一方、連続使用でバラつきを確認できるとある。まあ馬鹿正直な人はいないと思いますが……

複数の跡がつくと、何番目の打球か分からなくなる。そこで鉛筆で1球目は@、2球目はAと書くようにした。Aが真っすぐ飛びんだか……

毎週末にはラウンドが控えている。その直前にしてこんな状況。まあ練習場のボールの飛びや方向性は、ラウンドで用いる試合球より2〜3割劣るというし…… 性能が段違いの球でも正確に飛ばすことできれば問題ないですが…… 頑張ります!!

11月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.