ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/21 5234 打ち首
2024/06/20 5233 生り物
2024/06/19 5232 裏返し
2024/06/18 5231 几帳面
2024/06/17 5230 御所望

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/08/07(日) 4550 薪切り
令和4年8月7日(日)。6時20分21.7℃。降水量1.5mm/h。風向・南東。風速4.4m/s。雨。日照時間0分。積雪深…cm。

私が小学生頃、晩夏か初秋に公務員だったオヤジに薪炭手当なるものが出て、その冬への備えとして薪や炭を備蓄するのだった。私のサラリーマン時代もボーナスとは別に越冬手当なるものが出ていた。

玄関先に薪切り屋が現われ、丸ノコで投入サイズに切り揃えていた。

エンジンは鋳物製。実に原始的で、冷却水が沸騰して湯気を出していたものだ。回転をベルトで丸ノコに伝え男性オペレーターがスライド台に薪を乗せ、チーンチーンと切り揃え、積役の女性に手渡す……

そんなこんなを飽きもせずボーっと眺めていたのが私です。

それの再現劇場です。5月3日に切り倒した樅ノ木。小山となっていた大枝から小枝を鉈で切り落とし、50センチの薪サイズに切り揃えています。絵になる立派な薪ストーブがある訳ではありませんが……

機械は電動の丸鋸。技術の進化がうかがえますが、一本一本切り揃えることは変わりありません。私らの子供時代は、何か機械音がするとどこからかガキが湧き出て来たものですが…… 危険な回転具なのでボーっとしてられませんが、こんな時間が好きです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.