ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2023/01/26 4722 素人芸
2023/01/25 4721 水抜き
2023/01/24 4720 丸見え
2023/01/23 4719 下取り
2023/01/22 4718 正月腹

直接移動: 20231 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/01/26(木) 4722 素人芸
令和5年1月26日(木)。9時20分-1.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速8.8m/s。雪。日照時間0分。積雪深7cm。

昨日の11時10分頃、仕事している私の後ろの台所の蛇口からかすかなウオーターハンマーの音やら、チョロチョロが奔流になろうとする気配がうかがえた。すると意外な方向からシャーという奔流の音が……

凍り止めバルブがある北側の勝手口はドアの隙から遠慮会釈なく記録的寒気が…… この辺が凍った個所だろうと電気ストーブを……

事務所と勝手口を隔てる引き戸を開けると、そこは水浸し……

凍結個所を、電気ストーブを使ってストライクで強制解凍したことで、イカレタ場所が露わになったのでした。それは数カ所の継手のうちの一カ所がずれていて、そこから水が奔流となって……

出入りの水道工事屋さんは57年ぶりの最強寒波襲来で、猫の手も借りたい状態。電話で社長のアドバイスを受けつつ、私がホームセンターで材料を購入し、応急的な修理をすることに……

一応、補修は終えた。台所からは勢いよく水が出て来た。補修箇所は水圧に負けてヌルッと継手が抜けて奔流が…… 水は本当に侮れない。素人芸では制御できないのだ。水周りはプロ限定の領域です。

2023/01/25(水) 4721 水抜き
令和5年1月25日(金)。11時00分-6.8℃。降水量0.5mm/h。
風向・西北西。風速10.5m/s。雪。日照時間0分。積雪深7cm。

築100年超の木造の古商家の一画に我が社が間借りしている。山形から嫁いだこの家のオーナーのオバチャンは「私なんか、一回も凍り止めしたことないよ」が口癖だった。凍り止めとは凍結防止の水抜き。

でも賃借人としては万が一に水道管を破裂させちゃイカン!!と、冬、それも最低気温が零度を下回りそうだと水抜きを徹底してきた。

昨日から10年に一度とか警報級とか寒波が襲来している。そんなことも有って帰りがけに管理するマンションの女性から水抜きの方法を教えてほしいとのSMSが入り、アレコレ対応に追われた。

迫る寒波の水抜き。抜き差しならない中で当社の水抜きを忘れた。

全くどんな頭の構造でしょうか…… 台所の水が出ません。起業14年目で初めての経験です。一番寒いはずのトイレの水は流れるので、水には困らないのですが……

反射式ストーブの上の南部鉄瓶のお湯も有難かった。蛇口は只今全開です。11時現在、1滴も出てません。鉄瓶の湯気で水道管を温めようとしている訳ではありません。絵を作りたかっただけです。

2023/01/24(火) 4720 丸見え
令和4年1月24日(水)。10時50分-2.1℃。降水量1.0mm/h。
風向・北北西。風速11.8m/s。雪。日照時間0分。積雪深0cm。

きょうから10年に1度の警報級の寒波が到来するとか。ニュース番組でも「不要不急の外出は控えて」とか訳の分からない呼び掛けがあったりする。雪国にとっては日常です。そんな大袈裟なという感じです。

このタイミングで隣家の枠組み足場の解体です。私の出社準備が道を隔てて隣家が丸見えの寝室で行うので、工事の進み具合以上に、開口部や窓の仕様、外装の色とかが格好の話題になるのです。

雪の中の足場外しを見ながら「滑るから足元に気をつけて」と、少しは気の毒だな、とは思うものの、こんな荒れ空なんだからやめれば!! とは思いません。これが雪国の日常であり、フツーの光景です。

目隠しの幕は一度も開かなかった。隣家は近接してないし、交通も頻繁でないから、が女房の意見です。無駄なコストだったと思います。

地盤調査が8月下旬、遣り方、土台作り、柱を建てて10月には足場、下旬には外観が出来上がった。引き渡しはいつになるのだろう。

自分のこの家の工程は晩秋の頃に棟上げ式、明けて3月2日に引き渡し。この隣家の進捗状況は早いのか遅いのかそれともフツー!?

2023/01/23(月) 4719 下取り
令和5年1月23日(月)。11時00分-0.2℃。降水量0.0mm/h。
風向・東南東。風速5.8m/s。曇り。日照時間8分。積雪深0cm。

2020年1月にウインドウズ7のサポート終了ということで10を導入することになったが、パソコン自体を更新する必要に迫られた。泣く泣く旧PCは会社の使わない階段の暗闇に置かれることになった。

販売戦略なのかPCの下取りということもないし、言われるが儘というのは何とも腹立たしいですが更新しないことには仕事にならない。

旧PCは誰に顧みられるでなく人知れず朽ちるのを待っていた!?

でもPC自体は現役バリバリ!! 最近はWebで量子力学関連を検索することが度々。これだけじゃ分からん!!ということで、検索の連鎖というか検索に次ぐ検索…… どんどん検索すればいいのだが、ベースとして一つ画面を開きつつ2台目で次を追いかければ良い。

そうだ!! 階段の暗闇で燻っていた旧PCを現役復帰させれば良いのだ。

右は旅先まで持ち込むノートPCで、休日は家に置く。左側はその役割を担っていた旧バージョンのPC。環境は整いつつあります。サクサクとお勉強が進むのでしょうか……

2023/01/22(日) 4718 正月腹
令和5年1月22日(日)。10時50分-1.0℃。降水量0.0mm/h。
風向・北北西。風速1.5m/s。曇り。日照時間15分。積雪深0cm。

低カロリー食のランチになってインスタント袋麺やカップ麺を食べることがほぼ無くなった。低カロリー食は出勤したウイークデイに限るが、その前は女房の陶芸の日には「カップ麺でいい?」の問い掛けがあった。

陶芸は隔週の水曜。その日も低カロリーのお粥さんになったのだ。

で、お休みの土日はというと、低カロリー食の反動だろうか、満を持したように様々な麺やパン、ピザ等…… 袋麺、カップ麺の出番が本当に窮屈になってしまった。

孤食の土曜などは、インスタント袋麺と豚バラ、野菜、生卵、刻みネギを準備してもらい、自己流アレンジで食べたりするが…… 意気込んで作った割にスープの温度がダダ下がりで麺も伸び切って駄作に。

私はチャルメラが最強だと思っている。これは正月腹を癒そうと、女房にオーソドックスに作ってもらった。刻みネギ、生卵、海苔。黄金の3点セットです。変に凝った具材を入れるより勝っているのは明らかです。

ここで疑問です。東京で近所の小店で1袋買いで食っていた貧乏時代のチャルメラと今の味に変化があるのでしょうか?

2023/01/21(土) 4717 片思い
令和5年1月21日(土)。10時30分1.0℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速7.0m/s。晴れ。日照時間17分。積雪深0cm。

「ニワトリは3歩歩めば忘れる」と記憶力が無いことを笑うが私は3日も経てば読んだ本の内容をほぼ忘れる。 “めくら象に怖じず”とばかり量子力学に片思いを始めてしまい、同じ本を何度読み返したか……

手製の大きな栞には毎回読み始めと読了の日付を書いている。

大きな栞がミソで、その本で重要なワードだったり、重要と思われるフレーズ、公式など書き留めていて重宝している。

今回は指数関数の微分。なんのこっちゃ!! その前には三角関数の微分…… 3ページ読み進むともはや頭に霧が発生する。それを晴らすために、栞などがある訳だが、それでは足りずにA4判の紙も。

月ごとのカレンダーの厚手の紙がちょうどよい。それぞれの基本的な公式を書きこんで、いつも参照できるようにしている。

“3ページ進めば忘れる”ポンコツ頭との闘いです。ノコギリの刃のように知識吸収で記憶が右肩上がりで、3ページ目で記憶がストンと落ちる。さらに知識吸収で右肩が上がり、そしてストンと落ちる繰り返し。そのギザギザ全体が右肩上がりになっていれば良いのだが……

2023/01/20(金) 4716 お手軽
令和5年1月20日(金)。6時30分2.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・東北東。風速1.8m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

低カロリー食はウイークデイ、それも出勤しているウイークデイに限る。別に明文化したルールではありませんが、長期休み、特に正月休みなどはお目出度いということもあって、ほぼ厳格化されます。

厳格化ということは、一気に体重コントロールを無効化してしまう。

この正月はリバウンドで2キロほど体重が増えました。お目出度い正月の昼食に低カロリー食のお粥などの選択肢はないだろう、などという勝手な正当化をしておりました。かくして5日から低カロリー食に……

そのツケが今回ってきた。休みが明けてからは土日のランチが低カロリー食フリーになる訳で…… まあ女房は目先を変えて、そして麺類であれば一人前の8割ぐらい、パンの量も以前だと考えられないほど僅かというか…… ある日のパンのランチです。

商品名は「お手軽フランスパン」。長さはコッペパン。真ん中が太いタイプ。フツーより表面が硬すぎず、中は程良い密度。一部はピザ風。

残りはスパム、ウインナー、キュウリ、トマト、セロリを挟み込んで…… 2人で1個はびっくり。正月の飽食を反省するタイミングだったのです。

2023/01/19(木) 4715 お日様
令和5年1月19日(木)。10時00分1.2℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.4m/s。晴れ。日照時間59分。積雪深0cm。

昨年の今頃の当欄に「アホ馬鹿ゴルファーの日常雑記が、お年寄りの闘病日記にならないように」とか、帯状疱疹の苦しみを自虐的に書いていた。そしてホワイトクリスマス以降は年末寒波が居座っていた。

1日に十数cm以上という積雪。頻繁に見舞われていた。ついに19日には管理する駐車場に業者による除排雪をしてもらった。

女房にも助けられ、痛みを押して雪ベラを振り回していたのです。

今日は日差しがとっても嬉しい。気温はそんなに高くないけれど、びっくりするほどの暖かいモードをもたらしてくれる。お日様の力は本当にすごい!! 1月の中旬ですよ!! こんなシーズンはめったにない。

ホームグラウンドの秋田CC。少雪のシーズンはHP上に「雪が消え次第オープンします」と、前向きなそぶりを見せていたが、今シーズンは少雪でも積雪の巡りが悪かったせいでオープンのそぶりは無い。

2019年12月29日、翌1月26日、2月2日と秋田CCで極寒ゴルフを楽しんだ。 現在の家前。ゴルフ場も同じ島なので同じ環境。ラウンドできんじゃね!! と思っていますが、連絡を待っています。

2023/01/18(水) 4714 方程式
令和5年1月18日(水)。10時10分2.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・北北西。風速4.8m/s。晴れ。日照時間42分。積雪深1cm。

演劇部のコギャルたちがステージを通じて量子力学に挑む筋書きの「マンガでわかる量子力学」。きゃぴきゃぴの表情などで和まされ、お気楽に構えていたがシュレーディンガーの方程式で固まってしまった。

そこに書いてある通り、入門書では敢て方程式には触れず、触れてもサラッと、むしろ誤魔化して書かれているのが大半……

でもこの本は真正面からとらえようとしている。ただ筋を追いたい人は読み飛ばしても楽しめます、とあるが……

実に硬派で挑戦的なのだ。“シュレーディンガー方程式入門のための高校数学の復習“、次に“シュレーディンガー方程式入門のための高校物理の復習“。大上段で刃向かおうというのだ。どうする???? 

基本のキでありながら挫折につながる強力な関門と書いてあるし……

最近は素晴らしいビジュアル系教材が見放題…… ネットで“3分でわかる三角関数”“3分でわかる指数関数”で錆びついた頭を動かしています。それだって基本のキのキのキのキでしかない訳で…… 
挫折にまっしぐらの70の手習いです。

2023/01/17(火) 4713 乾燥性
令和5年1月17日(火)。10時50分1.6℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速4.7m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

一昨年、調子こいて寒風吹きすさぶ打ちっ放しで思いっ切り体にストレスを与え、眠れる帯状疱疹ウイルスを目覚めさせた私。腰痛が受診するきっかけだった。年末はゴルフの練習こそ控えたが散歩を……

先週半ば原因不明の腰痛。日々痛みが増して体に薄っすら発疹。

帯状疱疹の発疹とは違うが、再発の初期症状なのか、別物なのか。 いずれ白黒つけて対処しなきゃ! 昨年春まで通院した皮膚科へ。

デジカメを片手にいつものスタイル。発疹の個所を丁寧に眺めていた。私の一番聞きたいことをズバリ!!「帯状疱疹ではありません」。再発するにしても7,8年後でしょう。痛みは前回の神経痛かも……

同じ部位の発疹だった。36の神経節の一カ所に潜んでいたウイルスが発症したので、その神経に紐付けられた同じ個所に発症することはまずないとのこと。免疫のカラクリなのでしょうか。いずれ乾燥性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹だと。

日曜あたりから腰痛も軽くなっていた。まずは安心。炎症、かゆみ止め、保湿剤を調合した軟膏を処方されました。散歩は復活です。

1月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.