ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/12/31(日) 5061 水仕事
令和5年12月31日(日)。10時40分4.0℃。降水量0.0mm/h。
風向・南南東。風速3.8m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

雪深い横手で過ごしたことがあって、降り方は秋田市のような沿岸部と違って、音も無く引き込まれるような静けさのなか、目覚めると分厚い新雪。年末に向けどんどん積雪を重ねるものだと思っていたら……

積雪ゼロのニュース。その頃こちらは数センチの積雪があった。

女房の従姉妹のリンゴ農家とお歳暮でやり取りしたのは一カ月ほど前だったか。「横手の雪は凄いよ!!」との叫び声は一体何だったのか。その雪がきれいさっぱりというか公式な観測値でゼロとは驚きです。

年末、煤払い中に欄間の障子を破ってしまった。その裏側の網戸は数年前から破けてみすぼらしい姿をさらしていた。我が家の外から見る景色で気になる所はその網戸の破れ、つい最近の欄間の障子の破れ、それに数年来の小窓の障子の破れ。

雪が消えたのでやる気が出たのか、水仕事でもそんなに冷たくないし、はたまた今年も押し詰まったからか…… 本来は積雪がありの極寒期。屋外で水しぶきを浴びる障子剥ぎなど思いもよらないでしょう。

雪ゼロ、時折の日差しが背中を押してくれた。新年を迎えられます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.