ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新の絵日記ダイジェスト
2024/04/13 5165 駄洒落
2024/04/12 5164 悪趣味
2024/04/11 5163 栽培物
2024/04/10 5162 通る道
2024/04/09 5161 徒歩圏

直接移動: 20244 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/02/28(火) 4755 疾走感
令和5年2月28日(火)。10時20分9.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・南南西。風速7.2m/s。晴れ。日照時間37分。積雪深0cm。

速いものです。今日で2月もお終いです。もう今年も6分のTが過ぎようとしています。歳も取るはずです。昨年、今年と続けてお年寄りが罹りがちなゴビョーキを頂いて疾走感すら感じております。

幸い心身を蝕むような病でなく、かすり傷で済んでいますが……

幼心に、雑誌の広告の〇△ベルトなる商品を見て、不思議というか、見ちゃいけないモノを見ているような居心地悪さを感じていました。最近でも新聞見開きの便利グッズの紹介欄にもひっそり載っているのを見かけます。

今ではネットに〇△の日帰り手術の広告が氾濫していますが……

その広告の一文に“恥ずかしい病気”の文言があって、一般には「おまえのカーちゃん出ベソ」のからかい言葉と同じように無邪気に〇△を使っていた気がします。病名を憚ってきたのにはそんな背景が……

鼠経ケルニアです。別名はダッチョウ。〇△には脱腸の2文が入ります。邪魔なモノはサッサと処理です。スッキリどぇす。これは2度目の全粥食です。術後の夜の焼き鯖定食は食べ損ねました。残念でした。

2023/02/27(月) 4754 春宣言
令和5年2月27日(月)。11時10分7.℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速7.9m/s。晴れ。日照時間50分。積雪深2cm。

3泊4日の短い刑期でしたが娑婆に戻りました。社会復帰の初日です。晴れ渡っています。会社前のゴミを掃いているとすぐそばの割烹の大将が「もう終わりですね」とニコニコ顔。私も「すごい晴れですね」。

“春”宣言はマット交換の兄ちゃんも「暖かくなりましたね」。

現在の気温は7℃。昨日の退院時は多分零下で、うっすらと新雪が足元を危うくしていた。こんなことも有ろうかと、雪道の最強のアイテムであるゴム長を履いてきて正解だと思った。そして今日もゴム長です。

入院は7階。それでも同じ敷地に現存する7階建ての旧病院の屋上を見下す程高い。男鹿半島の新山本山は見えても海に没する境界は見えない。残念ながらオーシャンビューではありませんでした。

四角の角の部分に入院部屋。私北西の角。小さな縦長の窓の開閉レバーには露骨に鍵穴があり、しっかりロックされていた。窓があればまずは開けてみる、という人間本来の要求が拒絶されているみたい。

これが社会から断絶された、ということなのだ。ぼんやり見るだけだとリアルな天気の変化には無関心…… 娑婆に戻ると肌感から違う。

2023/02/26(日) 4753 全粥食
令和5年2月26日(日)。8時20分0.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速6.4m/s。晴れ。日照時間6分。積雪深6cm。

今時の総合病院は、Wi-Fi環境が整っているだろうな、と、デジタルネイティブの方々は思っているだろうか。私らとしてはそうだろうな、と思いつつも、建築年の古さとか、サービス面とかで少し疑心暗鬼。

これまで海外や国内のゴルフ場でも欠かさず「ひとこと」を書き続けられたのは、ホテル、旅館などでWi-Fiを事前に確認してたから。

今はどうなんだろう。当たり前化が進みWi-Fiを前提で良いのかも。

市立秋田総合病院を数ある総合病院の中から選んだのは、昨秋にオープンしたばかりでWi-Fiが整っていない訳がない、が一番でした。

但し時間外の問い合わせ、時間内の問い合わせについても要領を得ないものだった。結局、病院の総務課が対応してくれた。入院の際のPCの持ち込みは可能で、ラウンジのみでのWi-Fiの使用でした。

「入院案内」のパンフレットの電気製品の持ち込みは出来ません、の例示のイラストはノートPCに×印。一方でフリーWi-Fiの案内。この矛盾じゃ入院患者は悩む。これは術後の全粥食です。温泉卵、牛乳付きです。退院の今朝も全粥食。とろろイモが付いてました。

2023/02/25(土) 4752 病院靴
令和5年2月25日(土)。11時10分2.1℃。降水量0.0mm/h。風向・北西。風速5.8m/s。晴れ。日照時間25分。積雪深4cm。

40歳で90日間の入院生をした。前十字靭帯剥離骨折。術後が芳しくなく、歩行開始が大きくずれた。今だと術後すぐにリハビリ。這えば立て、立てば歩めのとばかり、とっとと社会復帰を目指すのだろう。

のんびりしていたというか患者に優しい、というか……

その際の履物はスリッパだった。但し高齢者や脳血管疾患で機能障害を抱えた患者さんはいわゆる白いバレーシューズ、キャンパス地で幼稚園児が上履きにする甲が平ゴムの短靴を履いていた記憶がある。

入院案内によるとスリッパ禁止、例示はバレーシューズではなかった。

転倒防止もあるが何より履きやすく脱ぎやすいことが最優先。頭に血を上らせて屈んで履くのは二次被害もあろうから…… 私の上履きは紐靴。これはアウトだ。サイズも小さめで足を入れるだけで血が上る。

紐靴に比べ一回り大きな靴を女房に買ってきてもらった。「あ、これですね」と店員さんが迷いなく示してくれたのがこれ。デザインは精悍でおしゃれに見えなくもない。そして紐靴の1/5ぐらいの軽さでした。「退院したらウオーキングに使う?」。それはチョット違う。勘弁してほしい

2023/02/24(金) 4751 病院食
令和5年2月24日(金)。8時20分0.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・東南東。風速2.0m/s。曇り。日照時間0分。積雪深6cm。

昨日の入院初日の昼食です。入院食の第1号が天皇誕生日に当たって祝祭感のある料理が出るのか興味シンシンでした。40歳の時にスキーで骨折して90日間入院した際は、もろにゴールデンウイーク丸カブリだったのです。

子供の日には、お目出度さのちょっとした演出があったような……

入院食1回目はランチで“牛丼”にフレンチサラダ、紅生姜、キーウイフルーツでした。祭日なのでお祝い感を出すための丼物!? それはないか!! でも何となく特別感があってラッキーという感じでした。

塩味は控え目、イカンともし難い。吉野家に比べれば肉は硬い。

不満は言うまい。大変美味しく頂きました。これが基本食だそうです。他にA食,B食が選択できます。ランチはどうか分かりませんが、昨日の夕食については希望によっては祝祭感満載の献立が用意されていたのかもしれません。因みに基本食はサンマの塩焼きでした。

消化器外科の入院ですが心身ともに健やかです。言ってみれば整形外科的な入院のノリ。食欲旺盛。食べ物に興味が集中しています。

2023/02/23(木) 4750 新病院
令和5年2月23日(木)。6時10分-0.4℃。降水量0.0mm/h。風向・東南東。風速3.5m/s。曇り。日照時間0分。積雪深10cm。

旧雄物川に架かる新川橋手前。メーンの道路に逆Yの字に合流する交差点での光景です。会社までの定点観測で霊峰・太平山の遠景を愛でていました。さて中央の電柱の間の新顔の高層建物……

今日入院する市立秋田総合病院です。新築され昨年秋に開業した。同じ敷地にある旧病院の建物は残ったままですが、こちら側から見る限りでは旧病院はスッポリ隠れ、マジックで消された気がします。

会社の行き帰りで病院の前後ろを通過しながら、鉄骨が立ち、壁面を組み立てる工事を何年も見続けてきた。早速、ほやほやの新病院にお世話になる羽目になって目出度いのか、目出度くないのか……

ゴルフ仲間に言われましたが、昨年は帯状疱疹、今年は△●……

新・旧の病院が切り替わる中、連続で二つの病院にお世話になるとはトホホです。いずれも身に覚えのない「えッうそ―ッ ええッ」と意表を突かれる病気。「お互い年なので身につまされます」が正直なところ。

私だけ断念した遠征ゴルフ。下関のホテルはオーシャンビュー。入院棟は高層。不快感の除去が最大だが日本海が望めるかも楽しみ。 

2023/02/22(水) 4749 原動力
令和5年2月22日(水)。10時20分2.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速4.1m/s。晴れ。日照時間6分。積雪深11cm。

2月22日。ニャンニャンニャンで猫の日。FMではヘビーにモフモフで猫っ可愛がりな話で盛り上がっていると思ったら食べ物のアツアツ話。私は猫ついて熱く語られてもなぁ〜〜、と引く側なのでホッとしました。

自分事で言えば、今日が「ひとこと」の第1号をアップした記念日。

13年間、1日を除いて書いてきました。継続こそ力なり。小さな積み重ねでも続けることで目標を達成できる、という風に語られますが私の場合はハナから目標はなく、続けることが自己目的化しています。

13年間で4748回もたわいのないことを書いてきました。

この光景も定点観測のように度々紹介。色んな変遷を捉えていました。数年前までは我が家の小屋に覆いかぶさるようにニセアカシアがこんもり繁っていました。庭木も茂っていて平屋の家を隠していました。

もっと前は、現在の6メートルの市道は3メートル幅の私道。背後のお宅と2軒が通路として使っていたに過ぎなかった。今や新興住宅地にしっかり取り込まれました。14年目に突入です。ただ続ける、という頑固な気質だけが原動力です。もっともクソの役にも立たないけど。

2023/02/21(火) 4748 両極端
令和5年2月21日(火)。10時20分-1.4℃。降水量0.0mm/h。風向・西北西。風速8.8m/s。晴れ。日照時間29分。積雪深11cm。

「量子論を利用してビジネスで成功を収めている人は多いが、いまだに量子論を極めた人はいない」。著名な物理学者の独白の大意(=原文のとおりでない)が、誰かの著作の後書きに触れられていた。

半導体などは量子論の申し子であり、これ無しで世界は動かない。

最先端の顕微鏡でも未だに人の目で捉えられない極微の世界。視覚では捉えられない仕組みを数式で表現しようと、途方もない知力を振り絞る物理学者。それを尻目に世界ビジネスで巨万の富……

量子論をめぐる両極端をうまく言い表したフレーズなんだな、と。

デスクの左は会社の階段室に放置していた前世代のノートPC。勿体ないので使い始めた。右は会社置きで旅先や自宅に持ち運ぶノートPC。机の下にソニーのデスクトップ。その脇に東芝のノート……

まるで机の下はPCの墓場。死んではいなくて電源を入れると動くと思うが…… 会社と自宅にあるパソコンを数えると9台。我が家にも世界ビジネスの果てが…… 未だ正体を見せない極微…… 興味を持ったのが何かの間違いですが、まあロマンスとしか言いようがない。

2023/02/20(月) 4747 体温計
令和5年2月20日(月)。10時20分0.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速10.4m/s。曇り。日照時間1分。積雪深9cm。

「入院するまでの間、体温測定をお願いします」。発熱には殊の外神経質で、PCR検査も必須。コロナ禍ではこれでもか、という対策を取るのは当たり前。対面の会話もやたら気になる……

過剰すぎると嫌味にとられかねないけど止むを得ない……

体温計が3本あった。水銀が目盛りを上るアナログなヤツと、ピッピーとなるデジタルのヤツ。デジタルはいずれも電池切れで役に立たない。結局、頼りはグルグルぶん回して水銀だまりに遠心力で戻す方式。

精密ドライバーで女房が電池を取り出したはいいが、素直に電池交換で対応すべきかそれとも…… 新品だと値が張るし…… スーパーに並ぶ電池はめちゃ高い。店員さんは女房に百均が良いですよ。

昨今の百均は“安かろう悪かろう”ではないので十分役立つし……

百均で購入した2個のうち一個で再起動、復活でした。ピッピーの体温はデジタル数字で36.6℃との表示。アナログで前日まで測った数値は35.5℃。1℃のギャップは有り得ん!! 水銀計の目盛りを読み違えていたお粗末でした。アナログ人間なのにお恥ずかしい。

2023/02/19(日) 4746 特売品
令和5年2月19日(日)。10時40分3.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・東。風速0.9m/s。曇り。日照時間0分。積雪深12cm。

会社の帰り道ということもあって、女房は必ずスーパーに寄る。チラシがあれば値段を見比べたり、「今日は〇△割引き」という告知があったスーパーに向かうのは至極当然の成り行き。

他に毎日通うメリットは、スポットの特売品に出くわすこと。

昨日のランチは鍋焼きうどん。「特売品で1玉いくらだと思う?」。「26円」。「ブー!38円」。26円はかなり前の耳に残っていた特売品の値段。私の感覚はウクライナ戦争などによる諸物価高騰が織り込まれて無くて、アップデートされて無いのだ。

物価の優等生の卵も、鳥インフルエンザによる処分で爆謄中……

日々、食品を買ってお財布の減り具合を実感する主婦は切実な思いだと思う。男性陣は無関心を装い目を背けがち。毎日、スーパーに日参するのも家計を思ってのことなのだ、と思いを致さないと……

土曜は低カロリー食フリーにしているので、どんなメニューになるか楽しみでもあるが…… 「麺の量は26円分ぐらいで」。鍋焼きうどんで体重がリバウンドするようであれば元も子もないのでボリュームカット!!

2月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.