ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年3月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/15 5258 新書判
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/03/04(土) 4759 双眼鏡
令和5年3月4日(土)。9時40分6.9℃。降水量0.0mm/h。
風向・西北西。風速5.4m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深0cm。

昨夜、家に帰るとお向かいの旦那さんも丁度帰宅した直後。車の周りにウロウロ。「ニュースにならなかったね」「おかしいっすね」「本当だね」「誰も気づかなかったのかな」「見てたでしょ」「絶対おかしっすね」……

女房に言うと「ニュースになるはずないでしょ!!」。と手の平返し。

謎の光る物体2個を見た時の興奮は何のその!! でも、落ち着いて考えると興奮もマックスでなかったのかもしれない。

ただ、女房が月食について欠け具合や、家の前、庭などと場所を変えて天体ショーに感動するのに比べ私は冷淡。太陽系の巡り合わせで単なる物理問題と割り切っている。ロマンスを感じる壺が違うのだ。

光る物体に対する私の興奮と、女房との違いにそんな訳があるのか。

UAPだと騒ぎ立てているのではない。あれは自然現象ではなく人の手の現象で、その正体を知りたくてイキっているのだ。ケータイの写真はお見せしたとおり。落ち着いて考えると父の遺品の双眼鏡はあったし、記者時代に愛用していた一眼レフと80〜200mmの望遠レンズもあった。どうして使わなかったのか…… これこそナゾだ!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.