ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/04/17 5169 声掛け
2024/04/16 5168 冬越し
2024/04/15 5167 花見客
2024/04/14 5166 個体差
2024/04/13 5165 駄洒落

直接移動: 20244 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/04/04(火) 4790 足掻き
令和5年4月4日(火)。10時30分12.2℃。降水量0.0mm/h
風向・西南西。風速4.7m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深0cm。

「力んでいるんじゃない」。それには「いいんだ。強いボールを打ちたいから」。健常の時はこんな風に頑固を張っていたのです。私のスイングを見続けていた方々の声に、なぜ素直に耳を傾けなかったか……

意固地になっていたのですかね、自分を客観化できないというか。

昨年の最悪時、ティーショットを打とうとする際は、ガチガチに肩に力を入れ、腕も真っすぐ、こん棒を強く振るイメージだった。これは誰の目にも明らかな、ミスショットを誘発するとんでもない悪いスイングの見本。

稀にハマればものすごい飛距離で、成功体験だったかと。多分……

もはや幻想。生卵を握って潰さない程のゆるゆるグリップ。肩の動きをスムーズにするため肩の力を抜く。スイング開始は力任せに急激に振るのではなく、重力に任せて落ちるようにスタート。全て教本にあった。

こんなスイングを実践していた時期は確かにあって、ゴルフの上手いジジイの片鱗もあったと思う。それが何でとてつもなくアホなスイングに憑りつかれたのか…… 加齢ですね。挽回したい足掻きだったでしょうか。病を得て原点回帰です。初ラウンド前日の昼食の能代うどんです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.