ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/07/14(金) 4891 幼馴染
令和5年7月14日(金)。10時50分26.2℃。降水量0.0mm/h。風向・西南西。風速3.3m/s。晴れ。日照時間57分。積雪深…cm。

サンセベリアの鉢替えしたのは6月8日。それからほぼ1カ月が経った。鉢替えの前にこんな会話があった。「大分弱って葉の数も減った。ポアしようか」。これに意外な反応。女房は「緑があるし様子を見ようよ」。

サンセベリアは開業記念に近所の幼馴染の奥さんが持参した。

「ズボラな人でも枯らすことが無いというので選んだ」。女房は奥さんとも顔見知りで、お転婆だった頃の武勇伝を被害者だった旦那さんから聞いていたのだろう。奥さんもなかなか辛らつだ。

そんないきさつがあり、意地でも枯らす訳にはいかないと思ったか。

培養土を追加して鉢替え。そして広々とした新天地で息を吹き返したのか葉の勢いが明らかに増した。鉢替え前にはシナーッと折れ曲がっていた1枚はだんだん葉先を上に向け始め、今では天を突いている。

そして、他の葉っぱの根元からは新芽が…… 3カ所に発見した。最大3センチほどに伸びて、2枚か3枚が重なって巻いているようにも見える。そうなると嬉しいが、いかにも成長が遅い。そう思うのは人間の至らなさでありわがままですね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.