ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/07/09(日) 4886 繁殖力
令和5年7月9日(金)。6時30分0.3℃。降水量2.0mm/h。
風向・東。風速2.5m/s。曇り。日照時間分0。積雪深…cm。

南庭でブタナを根こそぎにしようとブタナ抜きを頑張ったのが3週間前。全面を目指したが半分ほどで断念した。その後、抜いはずのエリアから3株ほど生えてきたが、まずは部分的な成功であったな、と。

で、残ったエリア。これは我が世の春を謳歌しているようです。

3週間前の密集度から遥かに濃くなっています。株と株の間の距離が短くなっています。これは引き抜き甲斐があるというものです。

ブタナ…… 帰化植物で、何でこの名前になったかは、豚が好んで食べる草だから、とネットにあった。なんて短絡的で即物的な命名でしょうか。地中海地方ではサラダなどで重宝される有用な草なのに、と思うのは私だけでしょうか。

想像でしかないのですが、原産地で風にそよぐ一面のブタナの花は風物詩であり、安らぐ光景なのでしょうが…… なぜか日本では違和感。それは私達の原風景にはない、帰化植物だからなのでしょう。

昭和初期に入って来たというが…… まあ繁殖力は半端ない!! その威力を毎日のように見せつけられています。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.