〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/13 すごい2
2019/06/12 すごい1
2019/06/06 年をとっている。。。悲
2019/06/05 はじめてのこと
2019/06/03 くそ!!!(笑)

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2005/07/31(日) 翻訳版
いよいよ翻訳本を出すために本格的に動く気になってきた。もう10年近く前に取材させてもらったおじいさんたちに再び了解を得るために連絡をとる手紙を書き始めたが、これがけっこう時間と手間がかかる。「あなたのことはもう忘れてしまいました」とおっしゃるかたもおられるし、亡くなった人もおられるし。。。で、複雑な気持ちになる。でもなんとしてでも、やるしかない。。

2005/07/30(土) シンデレラ
とうとう、今朝郵便局から初校を東京の編集部に返送してきた。著者校正は一度だけ、と言われているから、これで原稿は私の手を離れた。あとはもう本ができあがるのを待つだけ。。感無量。。まだ実感がわかない。といっても、いつまでもセンチメンタルになっているわけにもいかず、さあ、次は翻訳物だあ!

2005/07/29(金) 藤田さん
今日は、大学の図書館に二度も行った。グラント大統領の日本訪問記とシカゴの藤田さんの情報を探して。。彼の作品、つまり写真から判断するに、なかなか気骨のあった人みたい。。素敵!シンデレラの次は藤田さんだあ。。藤田さん、どこですかあ。。。

2005/07/28(木) 公務員II
こんなに暇だと拷問である。仕方がないから、翻訳原稿をもちこむ大学の出版局をネットで探した。あること、あること。ケンブリッジプレスだのハーバードプレスなんてはじめから無理とはようくわかってるけど、どっかにひっかかるでしょう。これだけあれば。。「シンデレラ」だって、ひっかかったのだから。。(笑)

2005/07/27(水) 公務員
公務員になるには才能がいる。退屈で、退屈で。仕事がなくてどうしようもないから、翻訳版を出すための売りこみ用の「本の要旨」を書き始めた。日本語でごそごそしているから、さぼっているのは丸バレ。でももうどうでもいい。。これでもって、大学の出版局を回るのだ!!!(笑)

2005/07/26(火) 英語版
二度目の「シンデレラ」の読み。いいかげん飽きてきた。それでも間違いに気づくからいやになる。。今週中に仕上げて、「日本の兵隊を撃てない」の翻訳本のほうの仕事にとりかかりたい。

2005/07/25(月) 大きい女の存在証明
やっとこさ、第一回の校正が終わる。もう一度はじめから見直して、それで東京の編集部に返送。何百遍と読んでるから、内容が重複しているのかどうかもわからなくなってきた。

2005/07/24(日) フランク・ロイド・ライト
100度近い猛暑の日。フランク・ロイド・ライトと日本との関係を綴った「偉大なるオブセッション」という映画を見てきた。暗闇でメモをとった。日本ではあまり彼の建築を保存しようという動きはでなかったという。アメリカとの温度差の違いはどこから来るのだろう。

2005/07/23(土) リンカーンの国から
サンフランシスコの日米タイムス用の原稿を1つ仕上げた。これでほっと。。「シンデレラ」の校正に戻れる。月1本でも、締めきりが迫ると、けっこう精神的負担になる。本屋でエメット・テイルのお母さんが書いた本を見つけて買ってきた。賢いお母さんー読めばエネルギーをもらうことは確実。

2005/07/22(金) 大きい女の存在証明
ここ2、3日、職場を早退して時間を見つけて、初校に手を入れている。何度読み返しても、怒りが戻ってくる。私にとって、出すことに意義のある人生勝負の一冊である。

2005/07/21(木) リンカーン詣
週末に、二泊三日でリンカーン詣をしてきた。イリノイはどこへ行ってもリンカーンだらけで疲れてしまった。自分へのおみやげに、悪妻で名高いメアリさんのマグネットを買ってきて、冷蔵庫にはりつけた。うつ病気味で気弱で神経質なリンカーンさんをアメリカ大統領にまで押し上げたメアリさんー女の鑑である。見習わなければ(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.