〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年1月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/31 マスク第二弾(笑)
2020/03/29 マスク
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/01/14(日) 氷雨
けさ久しぶりに雪が降った。朝起きると、一面うっすらと真っ白である。ほっとした。冬は冬らしい光景が一番である。冬に春のように気温が上がるのは、エネルギーがゆがんでいる証拠だ。のちにろくなことが起こるまい。そして夜、静かにしとしとと雨が降り始めて、やがて地上にたどりつくまでに氷に変わる。窓ガラスをうちつけるころには、かちかちというかすかな音がする。美しい。凍てついた冬は美しい。こごえきったように見えても、やがていのちがめぶく季節が必ずやってくる、そんな自然の生命力とその循環が美しい。我もその循環に偶然にぽとりと落ちたいのちのちっちゃなちっちゃな片鱗と思えば、自分がいとおしく、ありのままに受け入れられるような気がする。冬にこそ、ほんとの強さと美しさがある。それは人生も同じに違いない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.