〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/12 めんどくさいということ
2019/10/07 秋想
2019/09/28 同じパターン(悲)
2019/09/26 幸せって。。。
2019/09/15 いろいろ

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/04/03(火) 宮崎駿
テレビで、映画監督宮崎駿のインタビュー番組を見た。アニメ映画を作るのがあんなに大変とは知らなかった。監督自身が産みの苦しみの中から、イメージの絵を100枚も描くのである。すごい。。「千と千尋の〜〜」なんて、友達の家で見ながら寝てしまった。申し訳なかったなあ。そして、これだ、と思ったのが、「一枚の絵で社会を変えられる、と思って描く。その思想がなかったら、創る意味がない」「変えられないとはわかっているけれど、それでもやる。理想をもった現実主義者でなければならない」といった言葉だ。そうかあ。。有名監督でもこんなに苦しみ、かつ孤独の中から創造していくのだったら、売れないライターはもっと苦しまなければなあ。。いや、才能があるから苦しむのではないか。。どこにでもころがっている理想のない現実主義者なんて、わが身かわいさだけで、悩んだりしないはずだ。。。それにしても、自分の思想の表現にこれだけ苦しんでも、やはり観る人にわかりやすいものでなければならない、という姿勢を監督はもっていた。どんなに高い理想を掲げても、「売れる」ということーつまりメッセージが伝わるということを忘れてはならないということだ。私のイリノイ本はどこか1人よがりになってはいなかったか。。。もう一度読み直して、やり直しだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.