〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/12/01(月) また面白くなってきた(笑)
リンカーンを読んでいる。なかなか面白い。。奴隷解放をした聖人みたいなイメージをもたれているとしたら、大間違いである。(笑)奴隷解放なんて、しょせん、自分の政治目的を完遂するためのツールにすぎない。解放することなしに、北軍が勝ったかどうかは。。。まだそこまで勉強していないので、わからない。(笑)それでも、リンカーンが面白いのは、今の職場で彼の戦略が使えるからである。(笑)リンカーンは、イリノイの田舎の出で、ファッションセンスも悪く、冗談も洗練されてないとか、で、東部ではかなり馬鹿にされていたらしい。しかし、リンカーンは、そういう自分への評価を理解し、かつそれを利用したのである。みんなに自分が田舎っぺのアホ、みたいに思わせ、油断させて、そして肝心なときに、自分の決断をがんこなまで貫き、見事なまでの演説?で、周りを納得させ、そして成功してきた。表の顔と裏の顔とでギャップを作ることで、空気の流れを呼び起こし、そこで自分の立ち位置を見定めるのである。私も、この腐った職場で、そうしようと決意を新たにしている。(笑)といって問題は、リンカーンさんみたいに言葉たくみに、演説ができないことである。(笑)でもまあ、演説する立場にはないから、ぺえぺえが気持ちよく、好きなように働けるように、策略?を撒き散らすのに、リンカーンの手法を用いるのである。何が起こったか、というと。。。
先週の水曜日、サンクスギビングの前の日、フルタイムだけれど時間給で働いている、前にいるよく働くお姉ちゃんが、3時にひそかに抜け出るようにして帰っていった。(4時半まで働く予定を切り上げて)その予定は、カレンダーに入っていなかったから、ああ、アホ上司が、ひそかにメールか何かで、帰ってもいいよ、と指示を出したな、とすぐ直感したのである。で、アホ上司の戦法はそうやって、私の言うことを聞くいい子にはこうやって、いい思いができるんだよ、という脅し戦法である。小さな人間だから、そういう形でしか、自分の肩書きを利用した力の誇示しかできない。私のほうは、すぐにピンと来たから、黙っていた。次の若い子が、3時半すぎに黙って帰っていった。で、黒い若い女の子が私のところに来て、多佳子、we are punished, we are black sheep, we are on the list とぶつぶついいにきたのである。私のほうは、アホ上司の戦法はわかっているからーお前は劣っている、という思いをさせる-we are punishedという思いこそが、アホ上司のねらい目であるーことが目的だから、どうってことなかったが、同じフルタイムで、こういう形で差をつけられるのは気持ちが傷ついただろう。かわいそうに、we are punished では、相手の思うつぼではないか。それで、なぐさめるつもりで、皮膚の色をヒントするようなことをしておいて(先に帰った二人は白人である)私は、予定通り、4時まで働いて帰った。で、今日、月曜日、この女の子のほうから、言ってきた。多佳子が帰ったあと、すぐにアホ上司が来て、帰ってもいいと言ったので、4時に帰ったと。よかったね、と。少なくとも30分はただ給料をもらえるわけだ。面白いのは、よし、外堀から埋めてやれ、と、一番最初に3時に帰った白人女に、「ちょっと興味があるから聞くんだけど、と書いて、どうして、水曜日は3時に帰ってもいいとわかったの」とメールしたのである。で、面白かったのは、この女が、直の上司(いい人だけれど、まったく力も頭もなし)にこのメールを見せていたことである。私はそばを通りかかって、二人の女が私のメールに顔を寄せているのを目撃した。。(笑)ということで、こちらとしては、おお、そういう風になっているか、と職場の空気を理解したというわけである。(笑)この女が私のメールに返事をくれるとは思えない。ということは、アホ上司から、周りに黙って、オフィスを抜け出ろ、と指示が出ていたということである。返事がない、というのも、一つの返事なのである。(笑)で、これから私が見張るのは、どういう形で私の包囲網がせばまっていくかを記録にとることである。(笑)油断をさせて、そして肝心なときには絶対に実をとること。リンカーンになる!!!(大統領ではない。。笑)。直の力のない上司やら、前にいるおねえちゃんやら、黒の女の子とつるんでいる若い白人の女の子は、アホ上司に告げ口をするだろう。で、アホ上司がどういう風に出てくるか。。。すでに、アホ上司が「死んだ」ことは、部の一番上とかはよく知っている、と聞いている。肝心なことは、私がアホ上司の悪あがき、挑発に乗らないこと。。しっかりと自分の立ち位置を確保して、流れを見定めること。。そして、もし決定的なことが起これば、もう一度やってやるーこれが、南北戦争も辞さなかったリンカーンから学んだことだ。リンカーンに感謝である。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.