〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年8月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/08/19(火) 家を持つということ
「創られるアメリカ国民と{他者}」(松本悠子著 東京大学出版会)を、ちびちびなめるように読んでいる。久しぶりに読み応えのある本にぶつかった。日々のアメリカ暮らしで感じていることが、学者の目できっちり体系だてて説明されている。こういうときは学者とは有難いものだ、と思う。。(めったにそうは感じないけれど。。笑)まだ読みかけたばかりだけれど、そのなかで、移民をいかに「アメリカ化」するのに、家を持たせることと考えられていたことを初めて知った。家の所有はアメリカンドリームというのは、どっか意図的な操作が感じられるフレーズである。要するに、アメリカ文明のレベルまで移民たちを引き上げるには、英語を学ばさせるだけでなく、家を持たせるようにする、清潔にすることを教える、アメリカ人と同じようなものを食べ、同じような服を着る。。。といろいろあって、そういう運動の中で、移民女性の役割は最大である、なぜなら子供を育てるのだから、というわけで、移民の家の中までアメリカ人が入ってきて、いろいろ料理やら裁縫やらを教えてたらしい。ああ、そういう時代に来なくて、ほんとによかった。。(笑)完全にアメリカ人失格というか、アメリカ人になれる可能性ゼロということで、国外追放になってると思う。。。(笑)家をもたせて、アメリカ文明のように家を飾りたてることを学ぶと(部屋の壁に十字架をはりつけていたメキシコ移民は、十字架をとりはずさせられたそうな)、地域に定住するようになって、アメリカ社会に役立つ、というわけである。この部分だけ、なにやらアメリカ人っぽく生活している。というわけで、きのう、今日とデッキのペンキ塗りをしている。疲れる。。。まずきれいにデッキの木材を洗って、ごみをとり、真っ白?の生木の姿にしてから、それから塗るのである。洗うのが大変だった。。塗るのはまあまあ。。腰を痛めないようにしなければ、ヨーロッパでの休暇がぱあ、になる。。(悲) ああ、それにしてもなあ、やはりこの国はよく考えてるよな。。。定住する外国人が増えつつあるらしい日本はどうなんだろうか。。リストが作られ、地域で配布されているのだろうか、日本家屋の壁にはペンキを塗るな、電車の中で大きな声を出すな、とか??? 私も気をつけねば、ついつい日本の電車の中での声が大きくなる。。人と人とのあいだの距離感が大きく違うから。ああ、いつの世も、国境を越えて生きるというのは何かと大変である。。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.