〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/08 感動!!(笑)
2019/12/05 ごみ戦争?(笑)
2019/12/04 進化するということ
2019/11/30 キリンになる
2019/11/28 サンクスギビング

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/06/29(月) 幸せ感
窓の外に植えた木が大きくなった。ほどよい感じで、枝たちが窓をおおってくれている。その緑色の茂みの中に、鳥が巣を作った。ちょうど目の高さに巣が見える。このあいだから、鳥がしょっちゅう往来していた。どうやら卵があるらしい。。そのうち、小さな顔が巣からのぞくようになった。きのうからの大風で、枝が右へ左へ、上へ下へと大きくゆれて、巣はまるで、荒れた海に乗り出した小船のように大揺れしているけれど、小さな顔は、船酔いに必死で耐えてるかのようにじっとしている。生まれてまもないようだけれど、ジェットコースターに乗せられている気分だろうなあ。。(笑)で、こういう光景をじっと見ていると、なぜだか幸せ感が満ちてくるのである。大風に揺さぶられて、巣が下に落っこちないかなと心配しながら、巣からじっとけなげにのぞいている鳥の小さな顔を見ていると、ああ、あんたも生きていくのって大変だよね、これから力をつけて、自分で飛んでいって、えさを見つけて、と働かなくちゃならないの??? それを思うと、自分は恵まれて、のほほんと生きてきたよな。。。のほほんと生きてこられた人間には、それなりの使命?があるのでは??? (笑)職場戦争は、日々の生活のために1セントでも多く稼がなければなければならない人にはできない仕事だった。上司がどんなに腐っていても、それを知っていても、1セントでもたくさんもらうためには、その上司を批判することはできないからだ。私は、のほほんと生きてこられたからこそ、批判ができた。もしかしたら、あのバカ上司も、生活のためだけに必死でがんばってきた人間なのかも。。でも、たとえ法律違反はおかさなかったとしても、上司としてしてはいけないことってあるだろう。その部分の最終結論は、来月に持ち越しである。ジェットコースターに乗せられたようになって、必死で生につかまっている巣の中の小鳥を見て思うー私も、これからも謙虚にがんばります。。(笑)人にはそれぞれやるべきことが与えられていると思う。恵まれて生きてこられた人間は、自分にできる形で、恵まれてきた分を社会に還元しなければならない。ああ、来月から、新らしい職場になりますように。。

2009/06/26(金) 訃報
ファラ・ファーセットが死んだ、と流れていた。チャーリーズ・エンジェルスをちょっとだけ見た記憶がある。ビキニ姿の金髪美人なんて、どうせ男用だと思ってたから(笑)、ドラマはほとんど見なかった。記憶にあって、テレビが流したのも、若いときの写真である。62歳だったと聞いた。なあんだ。。。その写真は流れないなあ。。。(笑)それからまもなく、マイケル・ジャクソンが死んだ、と流れた。ファーセットさんは、すぐに消し飛んだ。(笑)マイケル・ジャクソンにも何の感慨もない。ただ日本に、ジャクソンファイブをまねたグループが登場して、大きなめがねをかけたこざかしそうな男の子が歌うグループがあったな、と思い出しただけである。(笑)でも、今朝見たニュースはショックで、「まさか」という気持ちが走った。村澤先生である。去年の暮れに、年賀状を下さった。朝日新聞に載った、私の「大足のシンデレラ」の気持ちを読んで、感想をくださったのである。私の人生で最初で最後、「たかこさんは優しい目をしてますね。たかこさんの顔をいじってみたいですよ」と言ってくださった、化粧学の先生である。61歳、肺ガンとニュースに流れていた。若い。。そういえば、マイケル・ジャクソンは50歳だったとか。若い。。。私は、マイケル・ジャクソンよりは長生きしてるけれど、村澤先生の年まで、もう10年もない。。。人生は確実に先細りしている。神戸に一人残している80歳を超えた母親は、どんな思いで時間を過ごしているのか。あさって、また飛行機に乗る。飛行機も、せいぜい2時間までなら、乗るのは苦痛ではないが、13時間ともなると苦痛以外のなにものでもない。が、飛行機に乗っている時間は、日常から完全に遊離した、別の時空に到着するまでの、どこにも属さないトランジションの世界である。まるで、過去からも未来からも切り離された、存在しない時間の時間。。。生と死のあいだを凝視しなければならなくなった中高年の内的時空。。。私の目は優しい、とまっすぐに言ってくださった優しい先生のご冥福を心から祈る。。

2009/06/23(火) 植物という政治家
まだ職場戦争の最終報告が出ない。。6月初めに調査は終わっているというのに、まだまとまらないらしい。証言者からよっぽど面白い話が出たらしい。。(笑)アフリカ系の人たちが、ダメ押しみたいに、5年も前のメールをもちこんだらしいし。。。「私は絶対にやる!」とやる気十分で、このごろはるんるん気分で職場に出てきている。服装を見ていたらわかる。。(笑)人事部のトップにしてみれば、とにかくこれを機に膿を全部出してしまえ、という魂胆だろう。弁護士も、こりゃまた、と楽しみながら、仕事をしているのかも知れぬ。。(笑)それにしても、有給一日出勤停止処分を受けても、あのあと提出した22ページの最終報告書を私が出してから、職場の雰囲気が変わったことは確かだ。バカ弁護士は、さっぱり顔を出さなくなった。(笑)大学の実力者の父親の自慢を全体会議で平然とするような小さな腐った根性では、この戦いに出番はないんだよ。。(笑)そんなところは、人事部のトップが一番知っていることだ。。それにしても、このごろ、庭に出ていて思うこと。植物って、けっこう政治家なのである。せっかく花を咲かせているのに、大雨で茎が倒れて、花が地面に接してしまっている。けちな私は、ああ、かわいそう、と思ってーというか、せっかく咲いた花は思いっきり楽しまなくちゃ損というけち根性である(笑)ー、その倒れた茎に添え木などしようものなら、ひねくれた植物はその添え木があたったところから先を殺してしまうのである。まるで、人間が余計なことをするから、茎の中の流れが止まってしまって、先端が壊死してしまったかのように。。で、倒れた花をほったらかしにしておくと、なんと茎は、太陽のほうに向かって、むっくりと頭をもたげていくのである。何これ、とあきれてしまった。植物って、ただただ受身で、自分の力で動けないからと、与えられた場所で精一杯のことをしているだけかと思いきや、なんとちゃんと意思表示をしているのである。それも、自分が気にいらないとなると、平気で勝手に動き回る動物とはまったく反対に、静かに、しかし頑固に自分の手足を殺していく。。それでも、根がある限り、私は生き延びてやるから、ふん、勝手に善人ずらしておけ、と言わんばかりである。(笑)これって、昔、中国で一度は淘汰されたけれど、そのうちいつのまにやら蘇ってきた政治家と同じではないのか。(笑)そう思うと、強さ、速さを競って、弱肉強食で生き急ぐ動物があわれに思えてきた。人間も同じである。(笑)職場戦争の結末は。。。1日出勤停止処分なんて、バカ上司のために、ちょっと小指にナイフの傷を入れてやったようなものである。本命は。。じっと雑草並みに待つー(笑)

2009/06/16(火) 黒龍会と職場戦争
来月の学会で発表する黒龍会のことで、うんうん言っている。調べすぎて、30分の発表では間に合わなくなってしまったのである。30分なんて、たいしたことは話せない。だから、どこを削って、何をしゃべるかを決めなければならない。それはそれで、ものすごく頭を使うことである。いい要旨を作るためには、かなりの量の知識がバックグラウンドとして下地になっていなければならないし、それを咀嚼したうえで自分の意見をつみあげ、そしてしゃべる方も聞くほうも納得のいくものにしあげなければならない。あああ、毎日、この準備で頭とのどが痛い。(しゃべる練習までしているのである。じゃないと、30分の時間枠でどれだけしゃべれるかわからない。あああ。。笑)。それにしても、この黒龍会の問題は、やればやるほど、職場戦争をやっている自分の姿と重なってきた。最近、職場戦争はいよいよ新展開を見せてきた。アフリカ系の人たちが声をあげはじめたのである。そのうちの一人なんか、もうあいつらにバカにされるのはいやだ、自分ひとりでもやる、と言って、私に、2004年の、私が訴えた同じバカ上司からのメールまで見せてくれた。弁護士に渡しにいくらしい。どこかで誤解もあるようで、たか子は、訴えを取り下げないよね、と念を押してくるから、取り下げないよ、というと(実際は、もう終わってるのである。今は、法務部からの最終判断を待って、それからバカ上司の処分をトップが決める、という凪の時間である)、にこにこして、私は絶対にやってやる、といきまいていった。ああ、これでよかったとつくづく思う。(笑)もう一人の人もさっき、たか子はスターだ、とわざわざ言いに来てくれた。有色人種の我々はみんな抑圧されていたのである。白人の植民地支配から逃れて、我々自身の力を取り戻そう!!!孫文の辛亥革命万歳、チャンドラ・ボースのインド独立革命万歳、フィリピンのなんとかという革命家万歳!!! 黒と黄色団結すべし!!!大アジア主義の黒龍会の主張である。(笑)でも日米戦争には負けたから、マッカーサーに徹底的につぶされたのが黒龍会でもある。21世紀のイリノイに黒龍会、健在なり!!! アメリカに追っかけられる??(笑)9・11が起こったとき、知り合いに言われたものだ、お前も、ビンラディンみたいに、アメリカ政府に追っかけられるぐらいの大物になれと。(笑)すべてが連鎖している。。するべきことをしているという証拠である。職場の日米戦争には負けない。。(笑)

2009/06/15(月) 同業者たるもの
シカゴに、同業者、しかも売れっ子有名作家がやってきて、講演会をするというので、彼女の作品は1作だけ読んで、こいつ嫌い、と思っていたが、いそいそと行ってきた。やはり有名な人のオーラは吸ってこなくてはならぬ。(笑)講演を聞いての結論:やっぱりこの作家は嫌いだ、本を読もうという気にならぬ。それでも、書くためには勉強をし続けるしかない、一生勉強です、と言うのを聞いて、納得。書く人間には、幸せな中流階級出身の人はいない、と聞いて、これまた納得。。(笑)何不自由なく育った人は書けないのである。私のようにかなり屈折した人間でなければならぬ。(笑)あと、やはり読者の人から、私のことを書いてくれ、とかなり頼まれる模様。売り込みされる人生は面白くない、と言っていた。これまた納得。。(笑)でも、私のほうは、依頼を引き受けて、無事に1冊仕上げたけどな。。(笑)
あと、ありえないことをありうるように書くのが作家だそうな。これがいやだ。要するに、嘘つきになれ、ということである。嘘話を書いて、金儲けをする。。。いやな人種である、作家なんて。。。(笑)あと、初版作家という言葉も初めて聞いた。本を出しても売れない作家のことである。さしずめ私は初版ライターである。それで人生を終わろう。それが何やねん。。(笑)
友達は、あの顔は整形してる、とか、以前は結婚したい、したいと言ってたくせに、したとなると、平気な顔で、夫を邪険に扱うようなことを言っている、これはどういうことか、と問いただしたかったそうな。私は、昔、アグネスチャンと論争したときに、職場に子どもを連れてきたアグネスを、それだから女はだめだ、と男になめられる、と男社会におもねる形でアグネスを批判したが、今は母親になられたそうで、母親の今から見たら、論争をどういう風に評価するのか、なんて聞いてみたかったが、400人を超える聴衆を前にして、そういうことを言うと、いよいよ日本人村からはじき出されると思って、黙っていた。。(笑)
一つだけ確かなことー有名無名を問わず、やはり書く人間はそういう業を背負っているわけで、やっかいなことである。(笑)一つうらやましいことーあんなバカ話を1時間半ほどして、いくらもらえるのかな。。。ああ、私もそうなりたいかな???(笑)

2009/06/09(火) インディアンジュエリー
このごろ、オフィスにインディアンジュエリーをつけてくることが多くなった。ダコタの居留地で買い求めた、無名のインディアン女性たちの手作り作品である。彼らは、気が向いたときに一生懸命作るから、大量生産?にはまったくあわない人たちである。その気になったときに作られたものは世界でたった一つの見事に美しい作品で力がこもっている。白人たちに抹殺されそうになっている自分たちの伝統文化を守ろうとするスピリットが、身体の奥底からわきあがってきているような力である。まるで、この職場で必死で息をひそめている私にぴったりのジュエリーではないか。(笑)私が、光る高価な宝飾品より、どちらかといえばエスニックジュエリーが好きなのは、作った人の気持ちが伝わってくるような気がするからである。この職場には、インディアンジュエリーがぴったりである。(笑)ここの農場育ちの人間たちが、たぶん一生身につけることはないだろうインディアンジュエリーをつけて、私はガンジーなみの、無抵抗の戦闘モードで、この机に座っている(笑)

2009/06/05(金) やっとこさ
今日、出社すると、やっと調査官からすべての調査が終わって、最終報告が人事部のトップ二人に送られたとメールが来ていた。なんとメールの時刻は、朝の4時44分である。お疲れさん。これからトップがその報告を見て、最終結果を出すという。やっぱり調査官は、証言をとるためだけだったのだ。法務部が調査に入っていたら、法務部が結果を出すだろう。人事部に差し戻された時点で、すでにポリティクスが働いている。証言者の中には、私のことを非難する人もいただろうから、2、3日前に、私に対して裏とりが行われた。横に速記する人をつけて、私はしゃべらされたから、あ、これは何かあるな、ここで私が嘘をつくかどうか、私を試してるのでは、と直感した。嘘をついたら、これまでのすべてーつまり私の訴えそのものがチャラにされるだろう。そうか、第三者から証言をとるということは、最後は、証言の中で出てきた訴えた人間へのマイナス評価への裏とりも入っているのだ。。ふ〜〜〜ん、と感心した。(笑)自分をごまかすつもりはまったくないから、正直にしゃべった。はい。私の短気はひどく、同僚に迷惑をかけました。(笑)一応、私の短気と同僚との関係は、今回の上司に対する訴えとは別件だと、調査官がはっきり言ってくれた。まあ、そうだろうな、だって同僚が私を訴えたわけではないのだから。。次の日、オフィスで、トップにばったり出くわしてしまった。ハイ、タカコ、の声が低音だったので、あ、なんとか大丈夫、とこちらは胸をなでおろした。(笑)それでも何が起きるかわからない。トップは、調査官の報告書を法務部に回すだろう。で、専門の弁護士が結果を出し、それからまたトップがどうするかを考えるのだろう。。この調子だと、今月いっぱいかかるかも知れない。抗議書を提出してから丸5ヶ月である。ああ、疲れる、疲れる。。レイプの犠牲者になった人が、法的手段に訴えても、途中で訴えを取り下げるという、いつか警察の人から聞いた話は十二分に理解できる。結局、法的手段に訴えるという一つの行動が、生活全体、とりわけ精神的なエネルギーのバランスを大きく狂わせ、”幸せ”(?笑)だったらしないようなことまでしたり、考えたりしてしまうのである。で、その行動が次のひずみを生み、またエネルギーがバランスを失ってという連鎖反応である。今の気持ちはただただ、一日も早く自分のエネルギーのバランスを取り戻さねば、ということだけである。首にはならないそうだから、とにかくじっと息をひそめて、自分の中に再びエネルギーが戻ってくるのを待たねばならない。抗議書を提出できたエネルギーを超えるエネルギーをためねば、前には進めない?(笑)。。。調査官からは、今や問題は、私とバカ上司という二人の関係ではない、部そのものをどうするかだ、非常に面白い話が出てきた、と聞いている。私の短気以上の腐りきった膿が白日のもとにさらされたのかも???(笑)さあ、どうなることやら。。と考えていたら、ニュースで、冤罪で17年を刑務所で過ごした人のことを思い出した。17年。。。5ヶ月でもふうふうなのに。。。(悲)その人の、これからが充実したものであることを願うのみ。。。振り返るのはむなしすぎる。。私も、どんな結果が出ようとも、これからが本当の正念場だと思う。。抗議書を出す以上の正念場である。

2009/06/03(水) ロナルド・タカキ
ロナルド・タカキが自殺したというニュースを聞いた。ショックである。すごい学者だったと思う。大昔、バークレーの本屋さんで、本の販促で行われた講演?で会ったことがある。本を買って、サインをしてもらった。本は3冊持っている。3冊とも代表作である、が、まだ読んでいない。。。(笑)ニュースで、彼の博士論文は奴隷制についてだったと読んだ。確か、「アイアン・ケージ」に奴隷制についての論考が載ってたよな。読もう、読もうと思いながら、まだツン読である。(悲)これを機に、そろそろ読まねば。それにしても、知っている名前が、それも同じ年代の人が一人二人と消えていくのは悲しい。ちょっと前は、作家の栗本薫が、そのあとか前で、頼近美津子さんが。。彼女は私と同じ年である。出身大学が、東京外大ということで(あの当時、田丸美寿寿という人も、同じ外大の英語科卒のキャスターということで話題になっていた)、大阪外大との違いを感じてたりしてたものだ。(笑)やっぱり東京のほうがすごいんだろうな、大阪からそんな派手?に活躍してる人はでないよな、とか。(笑)でも、頼近さんが富豪?と結婚する一方で、田丸さんはメディアで有名になっていって、それから頼近さんがすぐに未亡人になって、ああ、金持ちと結婚しても、いろいろあるんだな、幸せになれるとは限らないな、そのうち田丸さんもいつのまにやらメディアから消されて。。。と、けっこう同じ年齢の外大出身者ということで、気持ち的には”追っかけ”みたいな気分で、ながめていたのである。(笑)田丸氏はどうなったか知らないが、頼近さんは亡くなったと聞いて、大学時代には想像もできなかったアメリカはイリノイで職場戦争をやってる、しょぼい大外大出身の女は、なあんか急にすごくわびしくなったのである。(笑悲)私の明日だって、どうなるかわからないな。。。ああ、人生はなんと短いことか。頼近さんの死亡ニュースで、大外大時代がふっと浮かんだ。あれから30年以上経っているのに、30年なんてあっというまだった。。(悲)四半世紀をアメリカで過ごした友達は、まもなく日本に引き上げる。寂しい、とぶつぶつ言った私に、友達は言った。そんなことで寂しがって、どうするの。。そのうち、友達が一人二人と、あの世へ旅立っていくんだよ、もう絶対に会えなくなるんだよ。。日本とアメリカで離れても、会えること、会えると楽しみにできる人がいることは幸せなことである。ああ、今日一日を楽しく生きるしかない。。ロナルド・タカキ氏は、一時は保守的な伝統派の人々のうちにあって、自分を社会主義者だと言うほど、活動家だったと読んだ。骨のある人が好きである。ああ、合掌。。。今日から、本を読んでみよう。

2009/06/01(月) 職場戦争まだまだ佳境??(笑)
ほんとに長い。案件が法務部から人事部に差し戻されて、内部調査が始まって(調査官が人事部の内部の人間だから、もみ消されはしても、何も期待はできないことはよくわかっていた。。。悲笑)、内部の人間から形式的にぱっぱっと証言をとって、それで5月中には終わるだろう、と思っていたら、まだまだ続いている模様なのである。今日のお昼は、バカ上司の”金魚の糞”が、また調査に呼び出されている模様。。。なんでかなあ。。。私は別に、あのバカ上司を地位から落としたいと思ったわけではなく、ただただあの女の”王国”からはずしてほしいと願いでただけなのだから、喜んで”王国”に奉公している若い”金魚の糞”を何度も呼び出して、いじめなくてもいいではないか。バカ上司は、若い女の子に、あんたを次のディレクターにしてあげる、と嘘ぐらいはついたかも知れぬ。だから腐りきった人間だとわかっていても、一生懸命奉公しているのかも知れぬ。それでいいではないか。私を早くここから放り出してくれ!!!窓際族でいいからさ、机とコンピュータだけくれたら大満足。。。(笑)それにしても、先週あたりから、証言してくれた人から、タカコ、私が証言した内容と違った内容が証拠としてあげられてるよ、気をつけろ、もみ消すつもりだ、タカコのことをよく言う証言者なんて一人もいないんだから、といった密告?も届くようになった。そうですか、いやな思いをさせて申し訳なかったです、と謝っておいた。。(笑)すべてポリティックスであり、情報戦なのである。日米戦争でも、これだけの情報戦をやる覚悟がはじめからあったら、日独伊三国同盟と日ソ不可侵条約を結んだにもかかわらず、独ソ戦争が始まってあわてふためき、アメリカに暗号がすべて解読されてた、などという不手際もなかっただろう。暗号なんてはじめから解読されるようにと簡単なものを流しておいて、相手が解読していることを承知の上で、交渉にもちこまねばならないのである。東条英機率いる日本がそれをやっていたか、非常に疑問である???(笑)こちらはデカブで、21世紀の日米情報戦を戦い、疲れる、疲れるだけれど、まあ、アメリカの白人社会で、黄色が一人生きていくということはこういうことだろう、と覚悟の上である。私の最低線は、たとえ社会の一番どん底に落とされても、必ず一人で立ち抜くこと。証言者が私のことを何と証言したかなんて、私はまったく興味がない。私のことを悪く言って、バカ上司をかばいたかったらしたらいい。私が拠って立つのは、ただ一つーふ仰天地に恥じずー自分は天と地に誓って、何も悪いことはしていない、私は、自分に起こることのすべての責任をとるという覚悟である。
”密告”してくれた黒人女性は、一番フレンドリーな人間には気をつけろ、と教えてくれた。それは、もしかしてあんたじゃないの、誰かが、5年前の会議で、あんたを給料課から追い出したのは私、と教えたのかもしれない・・(笑)
"金魚の糞”ちゃんが、また目を真っ赤に腫らして帰ってきている。これまで2回泣いてるのを見た。バカ上司に、なんでタカコをコントロールできなかったのよ、あんたが失敗するからこういうことになったのよ、と怒られたんだろう、と私は見ていた。(笑)今日は、とうとう調査官の前で泣いたかな??? もういい加減すっきりしてほしいなあ。。私一人、窓際に追いやればそれでみんなハッピーじゃないか。ここに窓際のシンガポール系インド人みたいな人がいたのである。トップに嫌われて、部屋と机とコンピュータはもらったけれど、仕事は一切与えられなかったらしい。そのおじさん、数年前に心臓麻痺みたいな症状であっけなく死んだ。ストレスがたまってたんだろうなあ。。窓際で毎日出社するのも大変かも。。ああ、それもいやだなあ。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.