〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/10 戦争の月
2020/08/08 ドラマ想
2020/08/04 雑感
2020/07/31 同感!!
2020/07/30 絶対に阻止!!!

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/07/27(月) 静かな時間
職場では、時間が静かに過ぎていく。まだ最終決定が出ない。もうどうでもよくなってきた??? (笑)とにかく、あのようないじめられる状態で、ここで仕事を続けることはできなかったから、爆弾を落としたわけで。。今は、公務員のシステムにおとなしくのっとって、職場に出てきている。公務員のシステムとは。。人間は、予算をとってくるための道具なのである。人間が減ると、その部に割り当てられる予算も減らされる。つまり、ここにいることが仕事なのである。それが、システムの偉い人を喜ばせるのである。おとなしく、黙って職場に出てきたら、それでよし。。というわけで、このごろは、職場で、リンカーンの本やら友達の博士論文を読んだりしている。ああ、なんと心地よいことか。。。今が最高である。このまま異動がなくても、この心地よい時間が続くなら、もう大満足。。。(笑)職場に出てきさえしたら、お金がもらえるという仕組みである。。万歳!!!(笑) 時間がゆっくり流れるようになると、気持ちも落ち着く。そういえば、このあいだは、窓の外に巣を作ったこまどりの赤ちゃんたちが、なかなか巣立ちができずにやきもきした。お母さんが4つの菱形の口にえさをやっているのを見て、感激したのもつかのま、彼らはまたたく間に大きくなった。で、4羽の赤ちゃんたちのうち、最後の1羽がなかなか飛び立てなかったのである。巣の上にじっと立っていること、丸一日。。他のみんなは、いつのまにやら飛び立っていったのに、である。時々、鳴いていた。すると、お母さんが戻ってきて、えさをやってたようだ。世話のかかるやっちゃ、とぶつぶつ思ってただろうな。(笑)翌朝、やっと巣の上にいなかったから、ああ、やっと飛べたんだ、と思って、木の下に行って、余分な枝を切ろうとしてびっくり。。なんと、木の葉のあいだに隠れるようにして、まるで、姫路城のお皿を数えていた幽霊さんみたいに、別の枝にぬ〜〜〜と立っているではないか。巣からは離れられたものの、やっぱり飛べなかったのだ。。ぎょっ、このままでどうするの、餓死するつもり、とほんとに心配になってきた。結局、その枝の上にも丸1日立っていた。で、やっとその次の朝、消えた。ほっとである。その一方で、庭に小鳥の死体?(というのだろうか。。笑)がころがっていた。別の巣から飛び立ったばかりの鳥のようだ。これまた、ぎょっ。。次の日、頭だけが消えた。かにみたいに、脳みそがおいしいんだろうか、と考えたが、やはり頭のない死体は気色が悪くて、毎日ちらと見るだけにした。毎日、毎日、死体は薄くなっていく。やっと今朝、胴体?ーつまり肉があったと思われる部分は全部なくなって、羽だけになった。こうやって、死体は少しずつ自然の中で消えていく。。人間の風葬のようなものだ。。それが一番いいと思うけれど。。可能なのだろうか。死といえば、ショックなニュースを聞いた。バージニア工科大学であった銃乱射事件の被害者たちが、どうやら州を訴えているらしい。まだまだ事件は片付いていない。一方、こちらでは、もうあの事件は風化しつつある??? もちろん被害者が、州を訴えたとは聞いていない。この違いはどこから来ているのだろうか。被害者の数、事件の違い、犯人の病気の程度の違い、大学の対応の違い、犯人の人種の違い。。。要素は山ほどあるだろうけれど。。一つだけ共通しているのは、死んだ人はもう絶対に帰ってこないということだ。4つの菱形の黄色い口がぱくぱくしていた巣にも、もう誰も帰ってこない。生きているということは、今ここにいる、この地球上の一点という空間の”家”にいるということ?? 死ぬとは、ここから巣立ちして、もうこの”家”には絶対に戻ってこれないということ??? 巣立ちとは、宗教観ともつながっていくのかも。。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.